【国立】【東工大】K.T先生の場合

本記事の目的

本記事では、家庭教師マッチングサイト スマートレーダーに登録する先生から聞いた、実際の高校受験体験を掲載しています。

高校受験を突破し超難関といわれる大学に進学された先生の当時/今の性格やご家庭環境、塾環境など生の実体験を公開することで、高校受験を目指す生徒ご本人、協力する親御様の方向性の再確認、勉強への正しい向き合い方、そして高校受験後の次なる目標を見つけていただくことを目的としています。

体験記

当時のあなた/今のあなたについて紹介してください!

現在理系大学の四年生で、卒業論文に向けて計量経済学を専攻しています。

小さいころから野球・バドミントン・ボウリング・バレーボールなど様々なスポーツを経験しており、その中でもバドミントンが現在の趣味です。

また理系学生では珍しく大学院への進学をせず就職をするため、現在はそれに向けてITに関する勉強を積んでいます。

高校受験前に行っていた習い事/部活などはありますか?

テニス、ボウリング、野球、バドミントン

3年を通じて学校での成績はどうでしたか?

一・二年生の頃は野球に打ち込む日々であり、正直学校の勉強はあまり真剣にやっておらず、成績もほとんどオール3程度でした。

二年生の三学期から高校受験を考え、家庭科など副科目も含めて勉強するようになりました。三年生になってからはテストでは平均90点以上、素内申は9科目で42,43程度をキープしていました。

学校のテスト対策はどのようにされていましたか?

テスト対策は社会などの暗記科目と数学などそれ以外の科目で試験対策の方法を大きく分けていました。暗記科目では授業を特に大切にしていました。

授業では先生の無駄話含めすべてを記録することを意識して、授業後復習として色ペンなどを使い復習ノートにまとめなおしていました。

そしてテスト二週間前辺りから復習ノートと暗記ペンなどを用いて、頭に入れていました。数学などの科目に関しては問題演習の数を意識していました。

テスト二週間前辺りから試験範囲の問題を5回・10回と繰り返していました。

塾や家庭教師は利用されていましたか?

中学三年生の五月ごろからenaという集団塾に通っていました。

普段は数学・英語の二科目のみの受講でしたが、夏休みなどは国語・理科・社会も含めて受講していました。

また年明けの直前期には東京中の校舎の生徒が集まった直前講習にも参加していました。

その塾/家庭教師での成績はどうでしたか?

模試の結果に合わせてクラスが三つほどに分かれていましたが、入塾時から卒業時まで一番上のクラスを維持していました。

夏に行われる各校舎の生徒が集まる合宿でも最も上のクラスに割り振られましたが、追いつくことで精いっぱいでした。

enaの模試の成績は入塾時は200位辺りでしたが、夏を越して成績が伸び始め、直前の模試では全校舎の中でで2位の成績をとりました。

受験勉強を始める前の1日の勉強時間/受験勉強を始めた後の1日の勉強時間はどの程度でしたか?

受験勉強を始める前(1,2年生)→週に1時間程度

受験勉強を始めた後(3年生)→1日2,3時間

各科目毎の勉強法はどんなものでしたか?

インプットとアウトプットに大きく分けていました。

インプットでは学校や塾の授業中に取ったノートの内容を授業後に、色ペンなどを用いて「復習ノート」としてまとめなおしていました。

またアウトプットではあまり問題集を手広くすることなく、各科目一種類の問題集を10回以上解きなおしていました。

過去問については受験校のみ、五年分程度を12月頃から解きました。

使っていた教材/おすすめの教材

全国高校入試問題正解、塾のテキスト

合格した学校を教えてください

西武学園文理高校 エリート選抜東大クラス 特待生Aコース
都立国立高校

進学した学校を教えてください

都立国立高校

入学後の学校の印象はどうでしたか?

入学前から生徒と教師の団結力が強く、自由な高校と聞いていましたが、入学後そのイメージはより強いものになりました。

国立高校の文化祭は日本一と言われており、三年生で行う劇は福岡の高校から公式に見学に来たりするほど有名なものでした。

準備は期間・かけるお金、ともに高校生離れしており、受験勉強との両立は大変でしたが一生の宝物となる経験ができました。

文武両道に努めるうえでの先生からのサポートや生徒同士の協力は現在でも大変満足しており、入学出来て本当によかった高校だと思っています。

合格の秘訣は何だったと思いますか?

塾で行われていた模試や塾の仲間との切磋琢磨など、確固たるモチベーションを維持できたからだと思っています。

自身の負けず嫌いをモチベーションに替えられたからこそ、自ら勉強法を考え、実行することができました。

また模試でしっかりと結果を出していたからこそ、試験本番にも自身を持って挑むことができました。

最後に一言ください!

やらされるのではなく、自ら考えて勉強していくことが大切です。

現在は大学生ですが、高校受験で努力して志望校に入れたことは、本当に良かったと思っています。私も三年生の夏休み頃から本格的に勉強を始めましたし、準備が遅すぎるなんてことはありません。

自分のモチベーションをしっかりと見つけ、後悔のないよう、受験をやりぬいてください。応援しています。

[コメント]先生の体験記を読んで・・・

インプットとアウトプットに分けて勉強されていたのですね。

おっしゃる通り、理解することと答えることは大きく異なります。

プロ野球を見ても野球はうまくなりませんし、楽譜が読めてもピアノが引けるようにはなりません。

インプットとアウトプットをあわせて勉強です。

どちらか片方が出来てもそれを勉強と呼ぶには程遠く、どちらも成し遂げることは地味で大変な作業ですよね。

こういった正しい勉強の仕方を教えてもらうことで、自信のつく、結果の出る勉強を理解し、成績を挙げていってもらいたいものですね。

この先生の他の記事も読む

勉強の転機

この先生に勉強を教えてほしい方へ

この先生は、家庭教師マッチングサイト「スマートレーダー」に在籍する先生です。

スマートレーダーでリクエストを行うことで、指導をお願い/記載内容についてより詳細に聞くことが可能です。

スマートレーダーとは

「スマートレーダー」は、生徒一人ひとりに合った理想の家庭教師が見つかり、直接契約できる CtoC プラットフォームです。教師の得意教科の評価をAI(人工知能)によって行い、レーダーチャートで表示する日本初のサービスです。

ご家庭の方は家庭教師の指導実績や得意教科の評価、時給や趣味 、家庭教師の出身高校や在籍大学などのタグから最適な家庭教師を見つけることができます。


こちらから公式HPへ移動できます。


この記事をシェアする!
他の注目記事