【阪大】【工学部】Y.S先生の場合

大阪大学工学部合格体験記

本記事の目的

本記事では、家庭教師マッチングサイト スマートレーダーに登録する先生から聞いた、実際の大学受験体験を掲載しています。

大学受験を突破し超難関といわれる大学に進学された先生の当時/今の性格やご家庭環境、塾環境など生の実体験を公開することで、大学受験を目指す生徒ご本人、協力する親御様の方向性の再確認、勉強への正しい向き合い方、そして大学受験後の次なる目標を見つけていただくことを目的としています。

体験記

当時のあなた/今のあなたについて紹介してください!

幼少時代から、外でよく遊ぶ活発な子どもでした。
好きなことには全力で決して諦めることなく取り組み、苦手なことにも負けずに挑戦します。

高校からは弓道をはじめ、大学でも体育会の部活動でもするほど真剣に取り組んでいます。
このようにして文武両道を目指し、現在の大学生活を送っています。

行っていた習い事/部活などはありますか?

そろばん、スイミング、フットサル、硬筆

中学、高校を通じて学校での成績はどうでしたか?

中高一貫だったため、あまり勉強せずに乗り切っていました。常に定期テストより実力テストの方がよい状況で、学年40番ほどだったと思います。大学受験勉強を始めた頃から成績は伸び、最終的には学年で1桁順位になるくらいでした。

塾や家庭教師は利用されていましたか?

小6の夏から地元の小さな塾に通い始めました。

大学受験に伴い、もっと高いレベルで展開されている地元ではトップクラスの内容、シェア率になる鷗州塾というところに高2の春から通い始めました。塾では数学英語物理化学を基本的には学んでいました。

その塾/家庭教師での状況を教えてください

塾では数学、英語、物理、化学共に旧帝国大学志望者専用のクラスに所属していました。それぞれ週に1回90分ほどの授業でした。授業はとても難しいものでしたが取り組むうちにだんだん解けるようになり、どんどん成績も向上していきました。

受験勉強を始める前の1日の勉強時間/受験勉強を始めた後の1日の勉強時間はどの程度でしたか?

受験勉強開始前3時間
受験勉強開始後8時間

各科目毎の勉強法はどんなものでしたか?

各教科に共通して言えるのは同じ問題を繰り返し解くということです。

主に二次試験対策となるのですが、数学は学校で使用していた問題集のFocus Gold、物理、化学は自分で購入した重要問題集、それに加えて全ての教科の阪大の過去問20年分に取り組んでいました。

数学、物理、化学はどの問題も3回以上解くことで確実に解けるようにし、英語は英作文が苦手だったので、ノートに問題を貼り、そこに回答を書き込み、学校の先生に毎日添削して頂いていました。

使っていた教材/おすすめの教材

重要問題集(物理化学)
Focus Gold(数ⅠAⅡBⅢ)
阪大の過去問20年分がまとまった赤本(各教科)

成績はどのように変化していきましたか?

受験勉強を開始したのが高2の11月でしたが、成果があらわれてきたのは4ヶ月後からくらいでした。点数も明らかに伸び、当初大阪大学C判定だったのが、伸び始めてから成績は1度も落ちることなく、5月の模試から受験が終わるまではA判定をキープしていました。

合格した学校を教えてください

大阪大学、同志社大学

進学した学校を教えてください

大阪大学

入学後の学校の印象はどうでしたか?

入学後に感じたのは真面目な学生が多いということです。入学前は一般の大学と同じであまり授業に出ず遊んでいる人ばかりだろうと思っていました。しかし、実際に通ってみるとみんな真面目で意識の高い人ばかりでした。今ではその人たちと切磋琢磨でき、とても良い環境だと思います。

合格の秘訣は何だったと思いますか?

合格の秘訣は気持ちをきちんと受験に向けて切り替えられたことだと思います。

高2の11月の模試の結果が悪く、このままでは志望する大学に入れないと思った時に、一旦立ち止まって今の自分が何をすべきか考え、それを実行することで、効果的に結果に繋げることが出来ました。

成績が上がるとやる気は自然に出てくるのであとは問題ありませんでした。やはり、大事だったのは最初の切り替えだったと思います。

切り替えが上手くいったので成績も急にグンと上がり始めました。今ではその模試の成績が悪かったことも1つの要因かと感じています。

最後に一言ください!

これから大学受験を迎える皆さん、恐らく不安ばかりだと思います。実際に僕もそうでしたし、それだけで人生決まると思うこともあるでしょう。大人の人に大学受験だけで人生は決まらないと言われますが、実際、自分が目指す道への難易度は大きく変わります。今、大学受験を頑張った人と同じだけの位置にそうでない人が到達するには当然あとから大きな努力が必要になるわけです。あとから頑張るより、先に頑張った方が人生楽だと思いませんか?

少なくとも僕はそう思って高3の1年間頑張ってきました。

人生で1番頑張る機会と言っても過言ではない大学受験期、是非、後悔の無いよう人生で1番頑張れた1年にしてください。

今回紹介する先生に関する運営コメント

大学受験だけでは人生決まらないという言葉は実際よく耳にしますね。しかし、Y.S先生のおっしゃる言葉は全くその通りで、今現在自分の将来についての目標が定まっていない人には特に当てはまるのでは無いでしょうか。

人生の目標が定まった時に素早く動き出せる土台を作っている。大学受験を成功させる事にはそんな意味もあると思います。そう考えると「人生でもっとも頑張る時期」という言葉は決して大げさでは無いでしょう。

この先生の他の記事も読む

【阪大】【工学部】Y.S先生の勉強の転機

2019.05.20
大阪大学工学部Y.S先生の勉強の転機

この先生に勉強を教えてほしい方へ

この先生は、家庭教師マッチングサイト「スマートレーダー」に在籍する先生です。

スマートレーダーでリクエストを行うことで、指導をお願い/記載内容についてより詳細に聞くことが可能です。

スマートレーダーとは

「スマートレーダー」は、生徒一人ひとりに合った理想の家庭教師が見つかり、直接契約できる CtoC プラットフォームです。教師の得意教科の評価をAI(人工知能)によって行い、レーダーチャートで表示する日本初のサービスです。

ご家庭の方は家庭教師の指導実績や得意教科の評価、時給や趣味 、家庭教師の出身高校や在籍大学などのタグから最適な家庭教師を見つけることができます。


こちらから公式HPへ移動できます。


この記事をシェアする!
他の注目記事