【東工大】【物質理工学院】K.K先生の場合

本記事の目的

本記事では、家庭教師マッチングサイト スマートレーダーに登録する先生から聞いた、実際の大学受験体験を掲載しています。

大学受験を突破し超難関といわれる大学に進学された先生の当時/今の性格やご家庭環境、塾環境など生の実体験を公開することで、大学受験を目指す生徒ご本人、協力する親御様の方向性の再確認、勉強への正しい向き合い方、そして大学受験後の次なる目標を見つけていただくことを目的としています。

体験記

当時のあなた/今のあなたについて紹介してください!

東京工業大学の物質理工学院に通う者です。スポーツが好きで、よく野球の試合を見に行きます。大学ではサイクリング部に所属していて、週末によくサイクリングに出かけます。性格は熱しやすく冷めやすいタイプです。

行っていた習い事/部活などはありますか?

水泳, バスケ

中学、高校を通じて学校での成績はどうでしたか?

中学から高校にかけて成績は常に上位をキープしていました。高校2年生の夏頃から受験勉強を始め、大学に合わせた勉強を中心に行っていたため、受験で使わない科目の成績は落としてしまいましたが、外部の模試の成績は伸ばすことが出来ました。

塾や家庭教師は利用されていましたか?

桶田塾という個人塾にて、中学三年生から英語を指導してもらっていました。ある程度の実力がついたので、高校三年生の夏に区切りをつけました。

また、同個人塾で数学と物理を東工大の院生に教えてもらいました。化学については特に塾を利用しませんでした。

その塾/家庭教師での成績はどうでしたか?

個人塾なので特にクラスはなく、自分の実力に合わせて指導していただきました。

英語は、実際の入試問題で使われた英文を全訳し、それを要約するという作業を繰り返していくことで長文を読む力だけでなく文法の力も伸ばすことが出来ました。

数学や物理は、主に自力で問題を解いていく授業で、そこで初見問題に立ち向かうことのできる力を得ることが出来ました。

受験勉強を始める前の1日の勉強時間/受験勉強を始めた後の1日の勉強時間はどの程度でしたか?

1時間/平日:5時間 休日:8〜10時間

各科目毎の勉強法はどんなものでしたか?

英語:単語→文法→長文という流れで勉強を進めました。高校三年生からは、ほぼ毎日長文問題を1題解くようにしていました。

数学:その時の自分の実力にあった問題をひたすら解きました。問題を解き終わったら、その問題の要旨は何かを考察していったことで数学の力が伸びたと思います。

物理:基本的には数学と同じ勉強法です。公式を噛み砕いてその意味を理解することと、その公式を導入できるようにすることを念頭に置いていました。

化学:理論化学をしっかり身につけ、できるだけ暗記ではなくその本質を理解しようとしました。それでも暗記しなければならない分野は徹底的に覚えました。

使っていた教材/おすすめの教材

英語:やっておきたい長文700、1000
数学:上級問題精講
物理:標準問題精講
化学:化学の新演習、化学の新研究

成績はどのように変化していきましたか?

受験勉強を始めた時期が早かったので、模試の成績は常に上位で、だいたいA判定でした。細かい変動はありましたが、全体を通して大きな成績の変化はありませんでした。

模試ではありませんが、東工大模試に比べて、東工大の入試本番で化学の点数が大きく伸びました。

合格した学校を教えてください

東京工業大学 物質理工学院
慶應大学 学門3
早稲田大学 理工学部

進学した学校を教えてください

東京工業大学 物質理工学院

入学後の学校の印象はどうでしたか?

東京工業大学ときいて、理系特化の大学と思っていましたが、文系のゼミがあったり、文系論文を書いたりと、理系だけの大学ではないことが意外でした。真面目で何かに熱中している学生が多く、たくさん刺激を貰えます。

合格の秘訣は何だったと思いますか?

目標とその目標を達成する計画を早めに立てることが出来たことだと思います。ただ当てもなく勉強するだけでは、モチベーションも上がらず、効率も悪くなると思います。

目標をはっきりさせ、今の自分に足りていないものを分析し、足りていない部分をどのように補うか計画を立て実行するサイクルを続ければ着実に実力が着くと思います。

最後に一言ください!

受験にフライングはありません。具体的な目標を持って、頑張ってください。

今回紹介する先生に関する運営コメント

K.K先生は受験勉強を早い段階でスタートさせたことで余裕を持って東工大に合格を果たしたようです。確かに、スタートダッシュに成功すると他の受験生に早い段階で差をつけられるので心理的余裕も手に入れられるのでとても良いですね!

K.K先生のおっしゃっていた、「足りない部分の分析」・「その部分の補い方の計画と実行」ですが、実はこれは学生自身で行うことは難しいことなのです。なので、K.K先生のような実力ある先生に客観的に分析してもらってみてはいかがでしょうか。

この先生に勉強を教えてほしい方へ

この先生は、家庭教師マッチングサイト「スマートレーダー」に在籍する先生です。

スマートレーダーでリクエストを行うことで、指導をお願い/記載内容についてより詳細に聞くことが可能です。

スマートレーダーとは

「スマートレーダー」は、生徒一人ひとりに合った理想の家庭教師が見つかり、直接契約できる CtoC プラットフォームです。教師の得意教科の評価をAI(人工知能)によって行い、レーダーチャートで表示する日本初のサービスです。

ご家庭の方は家庭教師の指導実績や得意教科の評価、時給や趣味 、家庭教師の出身高校や在籍大学などのタグから最適な家庭教師を見つけることができます。


こちらから公式HPへ移動できます。


この記事をシェアする!
他の注目記事