【東工大】【情報理工学院】M.T先生の場合

本記事の目的

本記事では、家庭教師マッチングサイト スマートレーダーに登録する先生から聞いた、実際の大学受験体験を掲載しています。

大学受験を突破し超難関といわれる大学に進学された先生の当時/今の性格やご家庭環境、塾環境など生の実体験を公開することで、大学受験を目指す生徒ご本人、協力する親御様の方向性の再確認、勉強への正しい向き合い方、そして大学受験後の次なる目標を見つけていただくことを目的としています。

体験記

当時のあなた/今のあなたについて紹介してください!

最近ハマっているものといえば、YouTubeでのお笑い鑑賞です。特にサンドウィッチマンとジャルジャルと千鳥はめっちゃくっちゃ好きです。YouTubeは関連動画でいくらでも時間は溶けるんで、受験生は要注意。

行っていた習い事/部活などはありますか?

ピアノ、水泳、お絵かき教室、サッカー(2週間)、塾、部活は小中バスケ、高校大学でラグビー

中学、高校を通じて学校での成績はどうでしたか?

中学では、成績は上から10番ぐらいだったんで、めちゃくちゃ内申が良かったって訳ではなく、高校入試の時はビハインドくらってました。高校では、1年の時は割と頑張ってたんですけど、それでも360人中90番ぐらいで、2.3年の成績はボロボロでした。数学だけをモチベにしてましたね。

塾や家庭教師は利用されていましたか?

高校生の時は取り敢えず小6からずっと通い続けていた能開センターというとこで睡眠をとってました。部活を9月末に引退すると、流石に塾で勉強し始めましたが、僕はあまり要領の良い方では無いので、案の定京大に落ちてました。

その塾/家庭教師での成績はどうでしたか?

浪人期の駿台での状況を話します。受験は団体戦というのは僕にはあんまり理解出来ず、浪人期はあえて新しい友達を作らなかったり、高校時代の友達にもあまり話しかけないようにしてました。(というか喋る気になれなかった。もちろん話しかけられたら喜んで話しました。)という訳で予備校にいる間は割と孤独な勉強lifeでした。一人の時間を大切に出来たし、今もそんな時間を大切にしようと思えるようになりました。

それでもやっぱり通学時一緒の友達とか、些細な事でわざわざ僕なんかに話しかけてくれた友達には感謝してます。話しかけてくれた人に塩対応してしまったなと後悔することも度々ありました笑。本当の1人では無かったのを心から幸運だなと思ってます。

受験勉強を始める前の1日の勉強時間/受験勉強を始めた後の1日の勉強時間はどの程度でしたか?

受験勉強以前→1時間
現役受験勉強中→平日5時間、休日9時間
浪人期→授業含めて平日休日10〜12時間

各科目毎の勉強法はどんなものでしたか?

理系科目→難関大を受ける上での典型問題をテキスト、参考書とかでひたすら潰して、問題の着眼点を自分で見つけれるようになった後は過去問。理科系は教科書を良く読んだ。あとは公式の導入の仕方とかの確認。

英語→授業で扱った文で出てきた重要な単語、熟語、フレーズ、文法を記録するノートを作って、登校時の電車の中とかでほぼ毎日みた。あとその文の音読。

国語→浪人期では授業の予習復習をしっかりやったつもり。

社会(日本史)→一通り習い終わったらセンター過去問30年分ぐらいやった。(効率が良いとは言われへんかも)

使っていた教材/おすすめの教材

駿台テキスト、大学への数学

成績はどのように変化していきましたか?

浪人の時は、現役生が受験勉強を始めだす頃であろう夏ぐらいの成績がピーク。その後はゆるやか〜に成績は落ちていった。(11月ぐらいの河合の京大模試はたまたま良かった)現役の時はお察しの通り、志望校の判定はeとdの嵐。

合格した学校を教えてください

東京工業大学

進学した学校を教えてください

東京工業大学

入学後の学校の印象はどうでしたか?

印象に残ってるのは、大学ではラグビー部には入らんと同期先輩に散々言っといて入学2日後の初めてのラグビー部の新歓で入部を決意したこと。(学校の印象とは無関係)

入学後の東工大の印象は、ツイッターやってる奴多いって事ですかね。

合格の秘訣は何だったと思いますか?

秘訣って程でもないけど、浪人期の勉強の頑張りと運が合格に作用しました。おそらく難関大を受ける他の人と勉強の仕方は変わらんと思うけど、間違えた理由とか、回答のプロセスの根拠にはやたらとこだわってました。

最後に一言ください!

どうか僕を雇ってください。

今回紹介する先生に関する運営コメント

浪人期にはかなり勉強時間が増えたようですね。各教科の勉強法に関してもそれぞれかなりの量をこなしていたことが伺えます。

理系科目においては特に回答のプロセスや根拠を重視されていたようですね。根本的な部分をしっかりと理解し、自分なりの着眼点や解法を手に入れていくことが重要になりそうですね。

この先生に勉強を教えてほしい方へ

この先生は、家庭教師マッチングサイト「スマートレーダー」に在籍する先生です。

スマートレーダーでリクエストを行うことで、指導をお願い/記載内容についてより詳細に聞くことが可能です。

スマートレーダーとは

「スマートレーダー」は、生徒一人ひとりに合った理想の家庭教師が見つかり、直接契約できる CtoC プラットフォームです。教師の得意教科の評価をAI(人工知能)によって行い、レーダーチャートで表示する日本初のサービスです。

ご家庭の方は家庭教師の指導実績や得意教科の評価、時給や趣味 、家庭教師の出身高校や在籍大学などのタグから最適な家庭教師を見つけることができます。


こちらから公式HPへ移動できます。


この記事をシェアする!
他の注目記事