【東大】【理Ⅰ】T.O先生の場合

本記事の目的

本記事では、家庭教師マッチングサイト スマートレーダーに登録する先生から聞いた、実際の大学受験体験を掲載しています。

大学受験を突破し超難関といわれる大学に進学された先生の当時/今の性格やご家庭環境、塾環境など生の実体験を公開することで、大学受験を目指す生徒ご本人、協力する親御様の方向性の再確認、勉強への正しい向き合い方、そして大学受験後の次なる目標を見つけていただくことを目的としています。

体験記

当時のあなた/今のあなたについて紹介してください!

あまり真面目な性格ではなく、授業なども一生懸命受けたりするようなタイプではなかった。周りに合わせるというよりも、自分で勉強を進めたり、自分のやり方で物事を進める方が得意であった。私生活では、物静かな性格というよりも、周りと楽しむことを主としていた。

行っていた習い事/部活などはありますか?

特になし

3年を通じて学校での成績はどうでしたか?

テストの成績は常に上位であったが、内申はそこまで良くはなかった。授業中に真面目に授業を受けないこともあったので、そういった面で大きく評価を下げていたと思われる。国語、英語はそこまで得意ではなかったが、理科、数学は得意な方に入る。

塾や家庭教師は利用されていましたか?

塾には小中高と通っていなかった。授業は公立高校だったので、だいたい成績が中程度の人に合わせて進められるので、主には自分のペースで黙々と進め、基礎を固めていった。先生に聞くというよりも自分で考え解決することを意識していた。

受験勉強を始める前の1日の勉強時間/受験勉強を始めた後の1日の勉強時間はどの程度でしたか?

1時間/8時間

各科目毎の勉強法はどんなものでしたか

国語はとにかく聞かれていることと答えることが何かを理解することをイメージした。数学は基礎を前提として、入試問題レベルの発想力を鍛えることを意識した。

理科はとにかく基礎は完璧にし、発展問題は数をこなして慣れること。英語は単語力が最も大事だと感じ、主に単語力を伸ばしていった。

使っていた教材/おすすめの教材

英語、鉄壁
数学、チャート式
東大赤本

成績はどのように変化していきましたか?

受験勉強を始めたすぐはあまり成績が伸びないが、数をこなしてある程度進んできたところで、自分の力が徐々に上昇してきていることに気づけ、東京大学の実戦模試やオープン模試の判定もよくなっていき、自身の自信にもつながっていった。

合格した学校を教えてください

東京大学

進学した学校を教えてください

東京大学

入学後の学校の印象はどうでしたか?

東京大学というと天才クラスの頭の固いような人が多いかと思ったが、そんなことはなく、皆がフレンドリーで非常に過ごしやすい。また、クラスの行事がたくさんあり、クラスの絆がとても深まり、楽しい生活を送れている。

合格の秘訣は何だったと思いますか?

模試で圧倒的な成績が出せなかったり、過去問で解けない問題と出会ったりしたとしても、もうだめだと思うのではなく、これから克服していくんだ、という強い思いを持って最後の最後まで気を抜かずに勉強し続けること。

最後に一言ください!

自分は受かる!という強い気持ちを持って頑張ってください!

[コメント]先生の体験記を読んで・・・

T.O先生は合格の秘訣として、強い気持ちを持って気を抜かずに勉強し続けることを挙げています。模試や過去問に取り組むと全く歯が立たない問題に出会うことが多々あります。しかし、それに食らいついて努力することで学力は伸びていくものです。

難問に1人で立ち向かうのが難しい時はT.O先生のような受験経験がある人に手助けを求めるのも大切ですよ!

この先生に勉強を教えてほしい方へ

この先生は、家庭教師マッチングサイト「スマートレーダー」に在籍する先生です。

スマートレーダーでリクエストを行うことで、指導をお願い/記載内容についてより詳細に聞くことが可能です。

スマートレーダーとは

「スマートレーダー」は、生徒一人ひとりに合った理想の家庭教師が見つかり、直接契約できる CtoC プラットフォームです。教師の得意教科の評価をAI(人工知能)によって行い、レーダーチャートで表示する日本初のサービスです。

ご家庭の方は家庭教師の指導実績や得意教科の評価、時給や趣味 、家庭教師の出身高校や在籍大学などのタグから最適な家庭教師を見つけることができます。


こちらから公式HPへ移動できます。


この記事をシェアする!
他の注目記事