【一橋大経済】R.I先生の場合

本記事の目的

本記事では、家庭教師マッチングサイト スマートレーダーに登録する先生から聞いた、実際の大学受験体験を掲載しています。

大学受験を突破し超難関といわれる大学に進学された先生の当時/今の性格やご家庭環境、塾環境など生の実体験を公開することで、大学受験を目指す生徒ご本人、協力する親御様の方向性の再確認、勉強への正しい向き合い方、そして大学受験後の次なる目標を見つけていただくことを目的としています。

体験記

当時のあなた/今のあなたについて紹介してください!

高校生の頃はバドミントン部に所属しており、高二の頃には昼練や外部の体育館にまで行くなどして、週六で練習していました!

ミスチルがとても好きで高三の夏にライブに行ってしまいました。

最近はミスチルの曲を弾いてみたいと思い、アコースティックギターの練習を始めました。

行っていた習い事/部活などはありますか?

バトミントン部

3年を通じて学校での成績はどうでしたか?

中学は公立中学校に通っていたのですが、中二ぐらいまでは学年でも上位3分の1くらいというとても平凡な成績で、内申も32/45あたりを行き来していました。

中三からは塾に通い本格的に勉強したこともあり、内申は39/45で120人中学年10位前後ぐらいの成績を取れるようになりました。

高校生のときは高一、高二で全然勉強していなかったので、高一のときには数学で学年最下位を取り、高二の時には進研模試で数学の偏差値が50を割るなどかなり低迷していました。

ですが高二の冬から猛勉強したこともあり、高三では河合模試で数学では偏差値70を取り、進研模試などで一橋B判定を取るなどかなり成績が上がりました。

塾や家庭教師は利用されていましたか?

東進ゼミナールに通っていました。

行き始めたのは高二の冬からで、私と同じ高校出身で一橋の経済学部に通ってる先輩のアドバイスを聞きながら勉強していました。

映像授業しか受けられないので、基本的には授業というより自習室目当てで活用していました。

その塾/家庭教師での成績はどうでしたか?

クラス分けなどはないのですが、入った際に受けたセンター模試の過去問の結果は、英語160/200、国語120/200ぐらいでした。

成績が上昇し始めたのは6月のセンター模試あたりからでしたが、その頃はまだ判定は良くなかったです。9月を超えると色々な模試で一橋C判定を頂けるようになりました。

受験勉強を始める前の1日の勉強時間/受験勉強を始めた後の1日の勉強時間はどの程度でしたか?

始める前0.5時間
始めた後 平日5時間 休日10時間

各科目毎の勉強法はどんなものでしたか?

数学

基礎問題を解けるようになるまで繰り返し繰り返し解き、過去問で演習しました。 

英語

授業などで扱った教材をひたすらCDを聞いて音読することだけを繰り返していました。

単語の暗記は完全な暗記ではなく、語幹を意識してそこから意味を掴む練習を意識していました。

国語

漢文古文の暗記だけ行い、現代文は過去問演習だけに集中しました。

その他

暗記を繰り返し繰り返し行い、過去問で出来を確認してました。

使っていた教材/おすすめの教材

一対一対応の数学、英文解釈の透視図

成績はどのように変化していきましたか?

高一、高二のころには圧倒的E判定をずっと出しており、数学では進研模試で偏差値50を割るなど非常に悪かったですが、高三からは一気に成績が上がり学年順位も1桁代をとることが増え、秋からはC判定以上を取れるようになりました。

合格した学校を教えてください

一橋大学経済学部、慶應義塾大学経済学部・商学部、早稲田大学文化構想学部

進学した学校を教えてください

一橋大学経済学部

入学後の学校の印象はどうでしたか?

もともと家と一橋が近く、何度か行ったことがあったのでなんとなく大人しいイメージを持っていたのですが、入学してからもそのイメージはあまり変わっていません。

しかしみんな非常に優秀で起業した人もチラホラいるなど、とても刺激的な環境です。

合格の秘訣は何だったと思いますか?

最後まで諦めずに勉強をし続けたことだと思います。

勉強量に結果が比例しないことも多々あり、非常にメンタルがやられることも多かったのですが、その中でも挫けないで志望を一切揺るがすことなくいれたのは、現役合格を成し遂げた秘訣だったと思います。

最後に一言ください!

どんなに辛くても努力はきっと結果に結びつくはず!

いい結果を出せるよう頑張ってください!

今回紹介する先生に関する運営コメント

なかなか模試では良い結果が得られなかった一方で、継続して志望校を変えず諦めずに勉強を続けられたことで現役合格が勝ち取れたとのことです。

私立中高一貫校の場合、授業進度が早く復習を含めた基礎を固める時間や志望校対策を十分に行える時間があります。そのため、比較的模試においてもしっかりとした成績を残せがちです。

一方で、公立校の場合には、進度的にも最初の模試ではなかなか結果を出しづらいことは事実です。

どちらのケースでも、しっかりと目標を見据えて計画を立てることで不安を払拭しモチベーションを保てるようになります。

成績に悩んでいる方は、自分と似た境遇を乗り越えた先生を探して計画を一緒に見てもらうことをおすすめします!

この先生に勉強を教えてほしい方へ

この先生は、家庭教師マッチングサイト「スマートレーダー」に在籍する先生です。

スマートレーダーでリクエストを行うことで、指導をお願い/記載内容についてより詳細に聞くことが可能です。

スマートレーダーとは

「スマートレーダー」は、生徒一人ひとりに合った理想の家庭教師が見つかり、直接契約できる CtoC プラットフォームです。教師の得意教科の評価をAI(人工知能)によって行い、レーダーチャートで表示する日本初のサービスです。

ご家庭の方は家庭教師の指導実績や得意教科の評価、時給や趣味 、家庭教師の出身高校や在籍大学などのタグから最適な家庭教師を見つけることができます。


こちらから公式HPへ移動できます。


この記事をシェアする!
他の注目記事