【一橋大】【社会学部】D.U先生の場合

本記事の目的

本記事では、家庭教師マッチングサイト スマートレーダーに登録する先生から聞いた、実際の大学受験体験を掲載しています。

大学受験を突破し超難関といわれる大学に進学された先生の当時/今の性格やご家庭環境、塾環境など生の実体験を公開することで、大学受験を目指す生徒ご本人、協力する親御様の方向性の再確認、勉強への正しい向き合い方、そして大学受験後の次なる目標を見つけていただくことを目的としています。

体験記

当時のあなた/今のあなたについて紹介してください!

当時の自分も今の自分も変わらず、非常に負けず嫌いということは1つ言えます。また、自分がどこの分野で勝負してどういう風にして勝つかという戦略を立てる部分において他の人よりも優れていると考えています。それらは恐らく、小中高とやってきたサッカー、そして大学で現在やっているラクロスで培ったものであると思います。

逆に、綿密に細かいスケジュールを立ててとてつもない量をこなしていくタイプではなく、漠然とした目標、計画を立て、その目標に対して自分は今どこの立ち位置にいるのかと逆算してその日のスケジュールを決め、それをこなしていくというタイプであると思っています。

行っていた習い事/部活などはありますか?

幼稚園〜小学校:公文式、サッカー
中学:サッカー、学習塾
高校:サッカー
大学:ラクロス

中学、高校を通じて学校での成績はどうでしたか

中学では、内申は芳しくなく、最大で45(5×9教科)のところ平均して37~39でした。定期テストでは、学年300人中平均して5~15位といったところでした。

外部模試でも成績は全く良くなく、ほとんどの模試でD判定、良くてもC判定でしたが、直前の追い込みが功を奏し、都内にある城北、桐朋の2校に合格することが出来ました。

高校でも部活に高三の9月中旬まで打ち込んでいたため、全く成績は良くなく、 学校の成績も良くても学年の真ん中辺り、外部模試も現役時受けたテストはほぼ全てがE判定でした。そのため、現役時は受験した慶應義塾大学、一橋大学の2校はどちらも落ちてしまいました。

浪人期は駿台の御茶ノ水校に通い、現役時に満足に勉強してなかったためか比較的すぐに成績は上がり、第一志望である一橋大学の判定はA判定かB判定を安定して取れるようになりました。

塾や家庭教師は利用されていましたか?

現役時は塾には通っておらず、受験勉強を開始した時期も高三の部活を引退した9月と受験生の中でも非常に遅い方の部類だと思います。勉強の仕方もお粗末なもので、言い方は悪いですがノリで勉強していた感は否めなかったと思います。

基礎を固めてもいないのに一橋大の過去問に取り組み、とりあえず過去問をやっておけば大丈夫と根拠のない自信を持ち、結果は惨敗でした。

直前講習で駿台で受けた一橋大対策の授業に感銘を受け、浪人期は駿台御茶ノ水校に通いました。浪人になる前の春は一切勉強をせず、現役時の自分を労う意味でも一切勉強はしませんでした。

ただ、どのように来年勝つかという戦略は頭の中で練っていました。予備校が始まってからは適度に友達と会うなどして息抜きをしながらも基本的に毎日勉強を頑張っていたと思います。

その塾/家庭教師での成績はどうでしたか?

駿台では、テストを受けたものの卒業した学校や前年度の模試の成績などから一橋コースに入ることが出来ました。

予備校のテキストが非常に良かったため、前期は予備校のテキストをやって基礎を固めることに集中したのに加え、現役時に集中して勉強をあまりしておらず周りよりも伸びしろがあったためか、浪人期の5月くらいには駿台全国模試で一橋大学B判定を出し、それからは安定した成績を取り続けることが出来ました。

受験勉強を始める前の1日の勉強時間/受験勉強を始めた後の1日の勉強時間はどの程度でしたか?

現役時:2〜3時間⇒5~7時間
浪人時:予備校の授業を入れないで6~7時間、休日は9~11時間程度

各科目毎の勉強法はどんなものでしたか?

一橋大学(国、数、英、日)と私大(日)に向けての勉強しかしてなかったのでそこへの勉強方法を話します。

まず国語は一橋大学は古文をあまり出さないということから現代文をしっかり勉強しようと思いました。現代文は下の参考書と授業を使って、記述というよりも文章をしっかり「読む」という所にこだわりました。

具体的に言うと同意表現、逆接関係、因果関係、そしてキーワードというところに着目しながら最初はゆっくり文章を読み、解いた問題で扱われた文章を全てが要約して先生に提出するということをやっていました。また、一橋大頻出の近代文語文では漢文の文法が多く使われていることから漢文の句法は全て丸暗記しました。

数学は、私大で使う予定はなかったため、完全に一橋大に絞って勉強していました。一橋大の過去問30年分を研究して、頻出分野を割り出し、2017年度以外整数と確率は毎年出されていたため、まずは整数と確率の問題を超重点的に勉強して、そこで点数を稼ぐという作戦を立てました。そしてその分野がひと段落ついたら、次に頻出だったベクトルなど図形の問題や微分積分の問題に取り組みました。

ただ、自分が目指していた一橋大社会学部の数学の配点は低かったため、他の一橋受験生よりも数学にかける時間は少なかったことと思います。

英語は一橋大の特徴として英文解釈、そして自由英作文が挙げられるので、まず英文解釈に取り組みました。下であげた参考書を何周もしつつ、夏休みなど時間がある時は駿台のテキストで出てきた一橋大をはじめとする難関大の英語長文を全て自力で訳し、それを全訳と見比べるなどということをしてました。

その中で自分が初見で訳せなかった文章をノートにまとめ、後から何回でも訳せるように自分の問題集を作っていました。英作文では、漠然と取り組むのではなく、まず一橋大で出題される自由英作文のパターンを自分で分類してその各パターン毎に使えそうな英文や文法を暗記していました。また、どのパターンやどんな英作文でも普遍的に使えそうな良い文を見た時は英作文ノートに書き込み、それも暗記していました。そして、自分が英作文を書く時に意識していたのは中学文法で書ききることで、それを意識することでミスは格段に減りました。英作文は解くというより1度解いた問題を何回も演習し、暗記するという方向性で勉強していました。

日本史は一橋大と私大を完全に分けて対策していました。まず一橋大対策ですが、一橋大の日本史は恐らく日本一難しいものであると思うので、非常に苦労しました。一橋日本史を攻略するには歴史の因果関係の連続性を「暗記」ではなく、「理解」することが極めて重要になります。では、どのように理解するのか。そこで非常に大事になってくるのは教科書をただ読むのではなく、読解して行くことです。歴史をジャンル、つまり政治、経済、社会、文化など(分け方は人それぞれだがこのわけ方が1番好ましいと思う)に分けそれぞれの時代でどのように作用し合っていたのか、そしてどのように次の時代に繋がって行ったのかという風に理解し、読み進めるということが大事になります。

また、一橋大を対策していく上で、非常に大事になってくるのが過去問です。過去問をやっていく中で(自分は39年分やった)頻出テーマ、時代というのが見えてくるようになり、一橋大が求めてくるものを完璧に理解することが必要となってきます。以上がこなせれば日本最難関の一橋日本史を攻略することは可能です。

私大日本史の対策としては私は教科書、予備校のテキスト、そして用語集を使っていた。私大日本史と聞くとつい細かい単語から手を出してしまいがちだが、その勉強法は大間違いです。

私大日本史を攻略するにはまず、木で例えると、まず基本事項(教科書の内容)となる幹をしっかりさせる必要があります。その上で私大でしか聞かれないような枝葉を身につけるべきです。幹の部分を理解していないのに枝葉となる細かい単語だけ勉強するのは勉強した気になっているだけです。

そのため、早慶などの難関私大を日本史で受ける上でも最も大事なことは教科書で歴史の流れを把握することであるということを頭に入れ、流れを理解した上で細かい単語を流れに関連させながら覚えていました。

使っていた教材/おすすめの教材

国語:現代文読解力の開発講座
漢文のヤマのヤマ
数学:ハッとめざめる確率
文系数学の良問プラチカ
英語:精密英文読解
ドラゴンイングリッシュ
日本史:詳説日本史(山川)
日本史の論点ー論述力を鍛えるトピック60
世界史(センター):センター30日完成

成績はどのように変化していきましたか?

成績は現役時はE判定ばかりで、とても志望校に受かるような状態ではなかったです。ただ、浪人すると、現役の時に他の人よりも勉強してなく、伸びしろがあったのに加え、現役時に部活に全て費やしてた時間を勉強に集中して費やせるようになったため、浪人期の5月に一気に伸び、そこからは安定して一橋大をB判定かA判定を取れるようになりました。

合格した学校を教えてください

一橋大学社会学部
慶應義塾大学文学部
中央大学法学部法律学科
中央大学法学部政治学科
明治大学法学部法律学科
立教大学法学部法律学科

進学した学校を教えてください

一橋大学社会学部

入学後の学校の印象はどうでしたか?

入学前も後もあまり印象は変わってなく非常にアカデミックな雰囲気があり、勉強したい人にはもってこいな環境であると思われます。しかし、1つ意外だったのは非常に体育会系が盛んであることです。

特に自分が所属しているラクロス部をはじめ、ボート部、アメフト部は三大体育会系と呼ばれ、全国の私大とも渡り合い、学生日本一というのを本気で狙っている部活です。アカデミックな雰囲気もありつつ、部活に打ち込みたいアツい人間も共存できる非常にいい環境なのではないでしょうか。

あと、一橋大の授業は難しく、単位をとるのが大変だと思っていましたが、確かに授業難しいのですが単位をとるのは多分他大学と比べても楽です。

合格の秘訣は何だったと思いますか?

他の人よりも戦略や志望校分析に力を入れたことに尽きるかなと思います。はっきり言って、自分も自分なりに頑張ってはいましたが、浪人期に自分よりも努力している人もいました。

確かに、受験勉強は量も大事です。ただ、努力量に逃げては爆発的な成長は見込めません。

まず、自分の立ち位置と志望校への距離を認識し、その距離と残された時間を踏まえ、じゃあ自分はどこの分野でどういう風に勝っていくのかということを逆算する。これが受験において勉強するということよりも私は大事だと思っています。そして、これはスポーツなど、どの分野においても必要な能力であると考えてます。

最後に一言ください!

私に家庭教師を任せてくれるのであればただ教科を教えるだけでなく、どのように勉強するのか、そしてどのように勝っていくのかを教えたいと思います。是非ご検討ください。

今回紹介する先生に関する運営コメント

D.U先生は各科目の勉強法についてかなり詳しく書いてくださっています。そして書いていただいたものは全て、一橋大学を受験する上で大切なことですので勉強計画に困ったら参考にしてください!

この先生に勉強を教えてほしい方へ

この先生は、家庭教師マッチングサイト「スマートレーダー」に在籍する先生です。

スマートレーダーでリクエストを行うことで、指導をお願い/記載内容についてより詳細に聞くことが可能です。

スマートレーダーとは

「スマートレーダー」は、生徒一人ひとりに合った理想の家庭教師が見つかり、直接契約できる CtoC プラットフォームです。教師の得意教科の評価をAI(人工知能)によって行い、レーダーチャートで表示する日本初のサービスです。

ご家庭の方は家庭教師の指導実績や得意教科の評価、時給や趣味 、家庭教師の出身高校や在籍大学などのタグから最適な家庭教師を見つけることができます。


こちらから公式HPへ移動できます。


この記事をシェアする!
他の注目記事