【東工大第4類】M.T先生の勉強の転機

本記事では、家庭教師マッチングサイト スマートレーダーに登録する先生から聞いた勉強における転機を掲載しています。

勉強ができる人は、勉強が好きな人でしょうか?

勉強ができる人は、ずっと勉強が出来たのでしょうか?

超難関大学に通う学生にも、

  • 自分を騙して勉強をするようになったきっかけ
  • 勉強を好きになったきっかけ

があるのです。

この記事は、そういった成功者の勉強に対する価値観やその価値観を変えた瞬間を提示することで、保護者様、そして一人でも多くの小・中・高生の将来を変える勉強のきっかけになることを期待しています。

勉強の転機とは

あなたについて紹介してください!

私は小学生の時は、実験や工作が大好きで、勉強の意識なく楽しく学んでいました。学ぶことが好きな性格でした。

こういう性格のためか、学校の勉強も楽しくできて、とくに受験勉強を始めてからは理系科目の問題を解くことが楽しくなりました。

たまに気づくひらめきや、状態を理解したりして答えを求めることが好きでした。

あなたの勉強のきっかけはなんですか?

1度目の勉強の転機は、中学受験をしようと決めたときに、算数がわからなさすぎて塾の授業についていけない状態から抜け出したいと思い、勉強を頑張り始めました。

それからは自分の頭で物事を理解して問題を解くことが楽しくなり、理系科目が好きになりました。

この時の勉強の習慣があったため、中学高校共に学校の勉強を楽しみながら全力で進められました。

2度目の勉強の転機は、大学受験対策を始めた高校2年生のときです。

私は独学で勉強していたため、これから先いつどのようなことを習得していれば合格できるのかを自分で計画を立てて進めていました。

このように大学受験を意識し始めてからは、ゲーム感覚であらゆる考え方、解き方を学んでいくことが楽しくなり、学校の試験だけではなくその他でも自力で勉強するようになりました。

この転機によって、小さな空き時間でも勉強しようと思うようになり、通学時間や休み時間を使って細かな知識の確認や、問題演習を行うようになりました。

また、この転機によって模試の成績も順調に上がったため、さらにやる気がでて頑張れるようになりました。

また、センター試験の勉強も少ししたのですが、このときに現代社会の勉強の虜になり、社会の仕組みを知るのが楽しくなりました。

理系科目が好きだったのですが、基本の学ぶ姿勢は変わらないため、どんなことでも学ぶことは私にとって心地よいものになりました。

お子様をお持ちの親御さん、やる気の起きない受験生に向けたメッセージ

本当に受験という道で合っているのかどうかをもう一度考えてみてください。

無理やり勉強しても、大学に行って、留年して遊びまくる状態はお子様にとってとても無駄な時間になってしまいます。

本当に勉強の道が正しいのか、他にお子様が夢中になれる道はないのかを考えることがお子様にとって一番大切だと思います。

その他メッセージ

好きなことを楽しむことが一番ですね。

[コメント]先生の体験記を読んで・・・

最初の転機では、算数への取り組みを通じて勉強の楽しさを理解し、次の転機では、目標設定と計画の必要性を理解されたのですね。

どちらが欠けていても、モチベーションが足りなかったり、無駄の多い勉強となってしまっていたりと不都合があります。

この2つの転機を迎えられたからこそ、着実な合格を手にできたのかもしれませんね。

この先生の他の記事も読む

中学受験記
大学受験記

この先生からもっと話を聞きたい方へ

この先生は、家庭教師マッチングサイト「スマートレーダー」に在籍する先生です。

スマートレーダーでリクエストを行うことで、指導をお願い/記載内容についてより詳細に聞くことが可能です。

スマートレーダーとは

「スマートレーダー」は、生徒一人ひとりに合った理想の家庭教師が見つかり、直接契約できる CtoC プラットフォームです。教師の得意教科の評価をAI(人工知能)によって行い、レーダーチャートで表示する日本初のサービスです。

ご家庭の方は家庭教師の指導実績や得意教科の評価、時給や趣味 、家庭教師の出身高校や在籍大学などのタグから最適な家庭教師を見つけることができます。


こちらから公式HPへ移動できます。