【東大理Ⅰ】N.T先生の勉強の転機

勉強の転機 東大 理一

本記事では、家庭教師マッチングサイト スマートレーダーに登録する先生から聞いた勉強における転機を掲載しています。

勉強ができる人は、勉強が好きな人でしょうか?

勉強ができる人は、ずっと勉強が出来たのでしょうか?

超難関大学に通う学生にも、

  • 自分を騙して勉強をするようになったきっかけ
  • 勉強を好きになったきっかけ

があるのです。

この記事は、そういった成功者の勉強に対する価値観やその価値観を変えた瞬間を提示することで、保護者様、そして一人でも多くの小・中・高生の将来を変える勉強のきっかけになることを期待しています。

勉強の転機とは

あなたについて紹介してください!

私立の聖光学院中学校高等学校に通っていました。趣味は読書とサッカーとギターを弾くことです。高校時代はバンド活動もしていました。また中高6年間はサッカー部に所属していました。

大学ではフットサルサークルと国際ボランティアサークルに入っています。海外旅行も大好きです。

あなたの勉強のきっかけはなんですか?

僕は私立の聖光学院という中高一貫校に通っていました。そこはかなり頭のいい生徒が多く在籍する学校だったため、必然的に東大、早慶を受ける生徒がたくさんいました。自分は実力では底辺の方にいたのですが周りに影響されなんとなく東大を受けようかなと思っていました。

勉強を始めたきっかけは、明らかに周りの雰囲気が一変したことです。高校2年の秋からなんとなく勉強ムードは漂い始めていましたが大きく変わったのは高3の4月でした。周りの勉強に対する激しい熱意に自分も流石に頑張らなければと感じ、毎日9時間以上、時には12時間勉強することもありました。

そうして迎えた受験本番。実力は出せたと思いますが蓋を開けてみれば惨敗でした。東大は全然点数が足りず、慶応理工も落ちました。唯一受かった早稲田の国際教養は、親に私立に行かせる余裕は無いと言われ断念しました。 落ちた理由ははっきりしていると思います。それは自分が勉強を始めたきっかけ、東大を目指したきっかけがただ「周りもそうしてたから」だったからです。受かりたいという気持ちが他の受験生に比べて強く持てていなかったこと、そこで差がついたんだと思います。 そうして浪人になった自分には勉強するきっかけが十分にできていました。「こんな悔しい思いはしたくない」「親にも迷惑かけない」。そうやってなんとか一年間頑張ったところ東大に受かることができました。

今まで自分の経験を語ってきましたが、勉強を始めるきっかけは正直なんでもいいと思っています。ただ勉強を始めた後その先に何を目標にするか、何を理由に勉強するかをはっきりさせることが重要だと思います。

お子様をお持ちの親御さん、やる気の起きない受験生に向けたメッセージ

大学受験は人生で避けては通れない道ではありますが、何も考えていない生徒にとっては突然待ち受けるよくわからないイベントであり、戸惑っている人も多いと思います。なので色んな情報を得てその中から自分が受験する理由を見つけられるように頑張ってください。

[コメント]先生の体験記を読んで・・・

1年目の受験での経験を元に、自分の中に勉強する理由を見つけられたのですね。「悔しい思いをしたくない」「親に迷惑をかけたくない」といったN.T先生の気持ちは、東大受験を成功させるほどに強い気持ちだったのでしょう。

何もないところから自分の中に強い目的意識や、気持ちを作り上げることは非常に難しいですよね。勉強する理由、受験する理由を見つける為に、色々なところへ出かけていっても良いかもしれません。(もちろん、受験を考えている志望校に実際にいってみるのも良いと思います。)そこで出会うモノや人が、自分の心の中に何か新しいものを生み出してくれるかもしれません。

この先生からもっと話を聞きたい方へ

この先生は、家庭教師マッチングサイト「スマートレーダー」に在籍する先生です。

スマートレーダーでリクエストを行うことで、指導をお願い/記載内容についてより詳細に聞くことが可能です。

スマートレーダーとは

「スマートレーダー」は、生徒一人ひとりに合った理想の家庭教師が見つかり、直接契約できる CtoC プラットフォームです。教師の得意教科の評価をAI(人工知能)によって行い、レーダーチャートで表示する日本初のサービスです。

ご家庭の方は家庭教師の指導実績や得意教科の評価、時給や趣味 、家庭教師の出身高校や在籍大学などのタグから最適な家庭教師を見つけることができます。


こちらから公式HPへ移動できます。


この記事をシェアする!
他の注目記事