【聖光学院中学】【東大文Ⅰ】T.N先生の場合

本記事の目的

本記事では、家庭教師マッチングサイト スマートレーダーに登録する先生から聞いた、実際の中学受験体験を掲載しています。

中学受験を突破し超難関といわれる大学に進学された先生の当時の性格やご家庭環境、塾環境など生の実体験を公開することで、中学受験を目指す生徒ご本人、協力する親御様の方向性の再確認、勉強への正しい向き合い方、そして中学受験後の次なる目標を見つけていただくことを目的としています。

追加でお話を聞いてみたいなどの場合には、スマートレーダー上で先生へリクエストを行うことで、学習相談や授業が可能です。

記事最下部のリンクよりリクエストをご検討ください。

体験記

当時のあなた/今のあなたについて紹介してください!

私は昔から勉強は得意でしたが、運動系は全般的に苦手であり、それは小学校時代から現在に至るまで変わっていません。

小学校時代は言い方は悪いですが他の人のレベルが低すぎてそのような人とは仲良くなれませんでした。しかし現在では様々な人に出会ってきたこともあって少しは寛容な人間になれたかと思います。

中学受験を始めるまで行っていた習い事などはありますか?

七田チャイルドアカデミー、スイミング

中学受験を目指したきっかけはなんですか?

自分が中学受験を始めたきっかけは、親からの勧めでした。自分の母親自身が中学受験を経験していたこともあり、公立の地元の中学ではなく私立の進学校に行くことの利点などもいろいろと教えられたこともあって気づいたころには中学受験を目指していたという感じです。

塾や家庭教師は利用されていましたか?

私が中学受験対策として本格的に塾に通い始めたのは小学校5年生の春からでした。数ある塾の中で自分が選んだのは、自宅からも通いやすく最大手であったSAPIXでした。理由としては圧倒的な合格実績があり、自分の第一志望とする中学に最も入りやすいのではないかと考えたからです。

その塾/家庭教師での成績はどうでしたか?

入学時は14クラス中上から4番目のKクラスで、その後はほとんど上位3クラスのα1、α2、α3のクラスを行き来していました。毎月行われていたマンスリーテストで好成績を収めた時には上位クラスへと行っていました。

6年生になってから始まったサピックスオープン模試では聖光学院、浅野、駒場東邦などは常に合格可能性80%以上、第一志望校の筑波大学付属駒場と開成は50%付近の成績などと模試では比較的好成績を残していました。

1日の勉強時間はどのくらいでしたか?

4時間

各科目毎の勉強法はどんなものでしたか?

全科目基本的にはSAPIXの教材を用いて、授業の復習と宿題をこなしていくという勉強をしていました。算数は得意だったのでテキストに載っていた問題はすべて解くようにしていました。

苦手科目の国語は授業中の添削してもらえるときに集中して解き、家では漢字のみ勉強していました。理科社会はテキストを中心に勉強して、コアプラスで暗記を行っていました。

合格した学校を教えてください

函館ラサール中学校、本郷中学校、聖光学院中学校

進学した学校を教えてください

聖光学院中学校

入学後の学校の印象はどうでしたか?

当初聖光学院は自分の第一志望校ではなかったため少し複雑な心境でしたが、今になって振り返ってみれば筑駒でも開成でもなく聖光に入学して本当によかったと思っています。

中でも一番印象に残っている行事は聖光祭(文化祭)です。毎年2万人近い来場者が訪れる規模の文化祭で、とても活気があり参加者皆が楽しめる最高の文化祭だと思います。特に自分は高2の幹部学年の時に聖光祭副実行委員長を務めたこともあり、人一倍聖光祭への思い入れは強いです。

そして何より聖光学院に入学して一番良かったと思うことは聖光の先生方のレベルの高さです。聖光では塾いらずで東大に受かることを売りにしていますがこれは本当にそうです。僕自身も大手の予備校のようなものには通わずに聖光での授業の予習復習と東大の過去問演習しか行っていません。私は現在東京大学に在籍していますが、自分の周りの開成や筑駒などの他の進学校出身の同級生たちはみな鉄緑会などの塾のおかげで東大に合格できたといっても過言ではないと思います。そういった意味で聖光は同級生のレベルも先生方のレベルも最高水準で、自信をもって日本一の学校だといえると思います。

合格の秘訣は何だったと思いますか?

自分は聖光学院が第一志望ではなくそれよりも偏差値が高かった筑波大学附属を目指していたため、実際に合格した学校よりも上を目指して勉強をしていたことが合格の秘訣だと思います。

第一志望の学校を目指す方であってもこれは同じことが言えると思います。合格最低点ギリギリではなく、少し余裕をもって合格できるように少し目標を高めに設定することが大事だと私は思います。

最後に一言ください!

もしこの記事を見ているあなたが小学生だとしたら、中学受験という辛いものを目の前にして「もう勉強したくない!」と思っていると思います。

しかし自分が本気で入りたいと思っている中学に入学出来たら6年間の本当に充実した日々が待っています。今はゴールがまだ見えないかもしれませんが自分のできる限りを尽くして志望校まで駆け抜けてください!

[コメント]先生の体験記を読んで・・・

小学生の受験は周りの友達の誘惑やそのほかの習い事などの忙しさから勉強に集中しきれないという声をよく聞きますが、4時間もの勉強時間を確保し、塾内でも優秀な成績を収めていたT.N先生は本当に凄いと感じました。

中学受験では実際に中学受験を経験した学生の声がお子様にとっても、保護者の方にとっても大変参考になります。中学受験を目指すお子様をお持ちの保護者の方はT.N先生のような先生に授業をお願いされてみてはいかがでしょうか。

この先生に勉強を教えてほしい方へ

この先生は、家庭教師マッチングサイト「スマートレーダー」に在籍する先生です。

スマートレーダーでリクエストを行うことで、指導をお願い/記載内容についてより詳細に聞くことが可能です。

スマートレーダーとは

「スマートレーダー」は、生徒一人ひとりに合った理想の家庭教師が見つかり、直接契約できる CtoC プラットフォームです。家庭教師の出身高校や在籍大学などがタグ付けされていて、教師の得意教科の評価をAI(人工知能)によって行い、レーダーチャートで表示する日本初のサービスです。

ご家庭の方は家庭教師の指導実績や得意教科の評価、時給や趣味などから最適な家庭教師を見つけることができます。


こちらから公式HPへ移動できます。


この記事をシェアする!
他の注目記事