東京大学の特徴

スマートレーダーの教師たちは、東大・東工大・一橋大・京大・阪大といった難関大学に在籍しています。

そこで、本記事では東京大学の学部や教育システムといった基本的な情報や、実際に在校している学生たちから見た大学の雰囲気などをご紹介します。

ぜひ、ご自身の進路選びに参考にしてください。

また、「東京大学合格者数 高校ランキング2019」の記事では、東京大学へ多くの合格者を輩出している高校とその特徴、卒業生の声をランキング形式でご紹介しています。合わせてお読みいただければ幸いです。

日本最高峰の国立大学 東京大学とは

日本を代表する大学、東京大学。

1877年に東京開成学校と東京医学校が合併して創設され、日本においてもっとも長い歴史を持っている大学です。

現在では、法学部・医学部・工学部・文学部・理学部・農学部・経済学部・教養学部・教育学部・薬学部が設置されていて、この10学部を合わせた2018年11月時点の学生数は約14,000人、大学院生も含めれば約27,000人にもなります。また、教授と准教授を合わせた教員数は2,100人を超えています。

当然、東京大学の偏差値は極めて高く、理科三類(医学部)の難易度は紛れもなく全国トップです。

世界の大学評価の指標の一つである、『世界大学ランキング 2019』では世界第42位、アジアでは第5位と、アジアを代表する大学の一つとなっています。

著名な卒業生を数多く輩出していますが、中でも特筆すべきはノーベル賞受賞者の多さとバラエティの豊かさでしょう。日本国籍のノーベル賞受賞者は2019年4月時点で合計24人いますが、そのうち8人が東京大学(学部)の出身です。加えて、ノーベル文学賞受賞者(川端康成と大江健三郎)およびノーベル平和賞受賞者(佐藤栄作)はいずれも東京大学出身です。理化学系のみならず、社会科学系においても極めて優れた人物が多いことがわかります。

東京大学の教育システム

東京大学では学部教育の基礎として、リベラルアーツ教育という教育システムを重視しています。

リベラルアーツ教育とは「人を自由にする学問」と呼ばれており、特定の学問だけでなく、幅広い知識を学ばせることで固定概念や先入観から独立した思考を持たせることを目的としています。

それによってリベラルアーツ教育を受けた学生は、特定の学問領域に偏ることなく社会・人文・自然を幅広く学ぶことができ、自らの進路に対して多くの選択肢を持つことができるのです。

「答えのない問題」が多く混在する今の時代では、多くの知識をもとに答えを導くことのできる人材が求められています。リベラルアーツ教育は、そういった人材の育成の一助になると期待されています。

東京大学に設置されている学部

東京大学は入試の段階では科類で分けられています。それが以下の6つの科類です。

東京大学は先ほどにも説明した通り、10の学部から構成されています。しかし、他の大学とは違い、教養学部に所属して前期課程の2年間を学修することになります(前期課程の修業年限は2年)。

教養学部では、リベラルアーツ教育によって幅広く深い教養豊かな人間性を培うとともに、後期課程の専門教育に必要な基礎的な知識と方法を学修します。

そのうち1年半は、文科一類・文科二類・文科三類・理科一類・理科二類・理科三類の6つの類に分かれる事になり、後の半年は進学が内定した学部・学科での学修の基礎となるべき専門教育科目を主に学ぶ事になります。

ここでは前期課程の各科類の特徴と後期課程への進学先について挙げていきます。

理科一類


東京大学の6つの科類の中で最も大所帯なのがこの理科1類で、なんと定員は1100人を超えます。しかし、その分定員も多いため倍率は例年2.5倍少々にとどまっています。

後期課程の主な進学先は工学部・理学部となっているため、ほとんどの学生が大学院に進みます。卒業後はエンジニアなどの専門職として一般企業に就職したり、大学や研究機関で研究を続けたりする人が多く見られます。しかしながら、総合商社やコンサルティングファームなどへの就職も珍しくありません。

理科二類


後期課程では農学部・薬学部を中心に進学する理科二類。

理科一類との区別は難しいですが、主に獣医学系を含む農学部や、薬学部などへの進学が中心となりますので、工学部を志望している場合は理科一類を選択したほうが懸命です。

こちらも理科一類と同じく、ほとんどの学生が大学院に進学し、卒業後は研究者や一般企業の専門職に就くパターンが一般的です。もちろん、文系就職をする人もいます。

理科三類


理科三類が東京大学医学部を意味することは有名でしょう。

後期課程の医学部への進学枠は、ほとんどが前期課程の理科三類に振り分けられているので、事実上「医学部」=「理科三類」となっています。

理科三類の合格難易度は日本最高峰の東京大学の中でも群を抜いているため、東京大学内でも一目置かれる存在のようです。

センター試験は9割を取るのが当たり前といってもいいくらいなので、他の科類から見ても同じ大学の学生とは思えないくらい、ずば抜けているのです。

理科三類の学生たちは医師国家試験を受験し、医師として社会に出る人がほとんどのようです。

文科一類


文科一類の学生の多くは法学部へ進学します。

法学部は3年生からものすごい量の勉強に明け暮れることも少なくありません。そのため学生たちの中では最終的に司法試験を通過して、法曹関係に進むのが基本的なルートになっています。

文科一類→法学部→国家公務員という有名なエリート街道も存在しており、官庁への就職先が特に多いです。

そんな文科一類は、昔から文系科類のなかでは最も難易度が高いとされているため、文系の中でも賢く、努力家な学生が集まっている印象があるようです。

とはいえ学業だけでなく、スポーツとの文武両道を行なっている生徒もたくさんいます。

文科二類


文系の中でも経済学部に進学したいと考えている人が非常に多いこの科類。

また東大の中では比較的女子学生の割合が多く、多彩な学部と言えるでしょう。

後期教養学部・教育学部・理系の学部などにも若干名が行く程度で、就職先は官庁や外資系を含めた金融業界などのエリートコースを行く人が多いのが特徴です。

文科三類


文科三類の主な進学先は文学部なのですが、文学部で扱われる学問領域は非常に多岐にわたるため、後期課程での選択肢が最も多いと言える科類になります。

文科三類の中で優秀な学生は、後期教養学部に進学して国際関係などを学ぶ道に進むこともあります。

また教育学部への進学者や理転して農学部へ行く学生も一定の割合でいます。

一方で、法学部や経済学部といった学部への進学は非常に優秀な成績を収める必要があるようです。そのため入学してからそういった学部を目指すのであれば、初めから文科一類・文科二類に出願した方が良いと思われます。

他の2つの科類と比べると、国家公務員や外資系などの華やかなキャリアに進む人は多くありませんが、それでも多くの学生が銀行や製造・マスコミといったいろいろな業界の大手企業に就職しています。

東大生の声

ここでは東京大学に在学しているスマートレーダーの教師たちの声を載せています。入学前と入学後ではどういった心境の変化があったのでしょうか?

理科二類
思ったより真面目な人が多いと思いました。入学直後に就活を意識する人や留学を検討している人などもいました。優秀さについての印象はメリハリのある生活をしているほど優秀というイメージです。つまり(その人にとって)ムダな時間が一切なく遊びと目標への努力のみしている人は自己マネジメント力が高く優秀ということです。
理科一類
ステレオタイプの東大生ばかりでなく、むしろ幅広いタイプの学生がいると思います。教員が特別優秀というわけではおそらくなく、ただただ周りの学生が優秀なので、教えてもらうというより自分たちで学びあうような環境だと思います。
文科一類
初めはみんな真面目で一生懸命勉強するだろうから、今以上に頑張らないとな、と思っていましたが、思いの外みんな不真面目で、授業にほとんど出ません。おかげで真面目な僕は相対的に成績が良くなっているのでありがたいことです(笑)。また、意外と部活動も盛んで勉強だけでなく、文武両道な人が多いです。
文科三類
非常にアカデミックな生徒が多く、図書館はいつも満員であり、日々学生が鍛錬している。しかし、ユーモアのある生徒も多く、クラスでは友達と楽しいお話をしたりもします。また、やるときはやるというメリハリをつけられる人も多いです。
理科一類
僕が東大を何か次元の違う世界であるかのような目で見ていたのが良くなかったのかもしれませんが、多少の能力の差はあれど、自分と同じ、「普通の」人たちだったことに安心(?)しました。そうはいっても、「普通に」入ることのできる大学ではないので、どこかクセのある人たちの集まりであることは、自分含めあると思います。あと、女子が少ない!!!(知ってた)。

公立高校から東大に合格するための勉強法とは?

2019.05.08
公立高校から東京大学に合格するための勉強法を紹介! 東大合格には、学習環境を整えることが大切!

東京大学合格者数 高校ランキング2019

2019.07.24
2019年度の東京大学入試における、高校別の合格者数ランキングとその上位校の特徴、卒業生の声をご紹介しています。

おまけ:東大付近には美味しい飲食店がたくさん!

その他に東大の魅力として上がられるのは、何と言っても美味しい飲食店が多いこと!下の記事では東大に通う現役生が選ぶ「東大付近のグルメ」を紹介しています!

駒場&本郷ランチのランキング決定版 ~東大生セレクション~

2019.05.08
現役東大生が選ぶ、東大付近のオススメ飲食店ランキング形式で紹介! きっとあなたも東大に行きたくなる!

スマートレーダーで東大生から授業を受けよう!

ご紹介した通り、東京大学は日本最高峰とだけあって、多彩な学部リベラルアーツ教育と、非常に魅力的な大学です。

この記事を読んで実際に東京大学に進学したいと思うようになった方もいるのではないでしょうか?

実際にこの記事で大学での印象について答えてくれた学生たちは、スマートレーダーの教師として登録されています。

実際に東京大学に進学した現役生と難関大学合格を目指しませんか?

完全実力型家庭教師プラットフォーム「スマートレーダー」とは?

スマートレーダー 家庭教師

スマートレーダーは生徒一人一人にぴったりの家庭教師を見つけることができます。

第一にお子様との相性を大切にしているため、教えてもらう教師を第三者に選んでもらうのではなく、お子様と一緒に自ら勉強のパートナーを探していくことに大きな意味があると考えています。

また、登録されている教師たちは模試・定期テスト・本試験などの成績から、「適正時給」と「レーダーチャート」を算出し、家庭教師を「見える化」することで適切な先生選びをサポートしています。

家庭教師は東大・東工大・一橋大・京大・阪大生のみ

教師たちは東大東工大一橋大京大阪大といった超難関大学と呼ばれる一流の大学の生徒のみに限定されているため、教師の質が非常に高いことも特徴に挙げられます。

また、一般的な家庭教師のように自宅で学習を進めることができるため、保護者の方も安心して任せることができます。普通の学生とは違い、難関大を合格してきた教師たちは本当の意味で生徒に寄り添うことができる「勉強のプロ」です。

「勉強への取り組み方」「スケジュールの組み立て方」といった勉強の本質的なサポートでお子様に本当の意味で寄り添いながら、合格までサポートすることができます。

他の大学のコラム記事を読む

京都大学の特徴

2019.05.07
スマートレーダーの教師たちが在籍している京都大学を紹介!京大の特徴、学部、そして現役生の声も紹介しています。

大阪大学の特徴

2019.05.07
スマートレーダーの教師たちが在籍している大阪大学を紹介!阪大の特徴、学部、そして現役生の声も紹介しています。

一橋大学の特徴

2019.01.23
スマートレーダーの教師たちが在籍している一橋大学を紹介!一橋大学の特徴、学部、そして現役生の声も紹介しています。

東京工業大学の特徴

2019.01.21
スマートレーダーの教師たちが在籍している東京工業大学を紹介!東工大の特徴、学部、そして現役生の声も紹介しています。

入会金、手数料が一切かからない安心で適切な料金体系

スマートレーダーでは入会金や手数料といった諸経費がかからない仕組みになっています。

また授業料は教師の能力から適切に算出されているため、お互いに納得することができる料金設定となっていることが特徴です。

家庭教師は契約に曖昧な部分が出てしまうといった問題があると上でご紹介しましたが、スマートレーダーではトラブルを防止することができる仕組みになっています。

スマートレーダーでは教師を呼ぶ際に、スマートレーダー内で定められたそれぞれの授業料に加え、授業時間、また必要な交通費などに対して相互確認をする必要があります。

お互いに納得した場合のみ、お支払いが行われるのです。

教師が実際に報酬を受け取るのは、授業終了後の完了確認が提出されたのみになっています。

そうした報酬の受け取る仕組みは保護者の方から見ても安心できる内容になっていると思います。

またトラブル時にはスマートレーダー事務局が仲裁に入って対応することができるのも大きなメリットだと言えるでしょう。

気になる方は是非一度、スマートレーダーをご利用してみてください。


こちらから公式HPへ移動できます。


この記事をシェアする!
他の注目記事