徹底比較!家庭教師vs塾

家庭教師 塾

本記事では塾と家庭教師の比較を行っていきたいと思います。

ご家庭によっては塾と家庭教師についてホームページやチラシなどで検討・比較していらっしゃると思います。しかし実際はどんな特徴があるのか、またそれぞれの料金やメリット・デメリットについて気になる親御様もいると思います。

この記事ではそれぞれの特徴などを抑えながら徹底的に比較していきたいと思います。また、スマートレーダーも候補の一つとして比較の対象にしています。今回比較する項目は以下の3つになりますので、検討材料の一つとしてご覧ください。

  • 家庭教師と塾 それぞれのメリットとデメリット
  • 家庭教師と塾 費用に関して
  • 家庭教師と塾 どんな生徒がおすすめ?

家庭教師と塾 それぞれのメリットとデメリット

家庭教師の場合

家庭教師の最大の特徴は、生徒に寄り添った指導ができることです。

一対一によるマンツーマンによって、生徒の理解度を確認しつつ学習を進めることができます。また塾と違い、同じ部屋に他の生徒がいないので、周りの目を気にする必要がありません。

そのため生徒は教師に質問しやすく、自分のペースでじっくりと学ぶことができるでしょう。生徒の通学時間もかからないため、勉強に集中することができ、保護者の目の届く範囲に置いておくことができます。

しかし、集団塾に比べて授業料が高いことや直接指導する教師によって、学習能力の向上に差が出る場合があることを意識する必要がありますね。

塾の場合

塾は多くの生徒を抱えているため、集団による授業を行うことが多いです。

中学受験や高校受験への合格実績を基にした、独自のテキストやカリキュラムがあることから勉強の流れがきちんとしていることが多いのです。また塾によっては評判の良い教師や有名教師の指導を受けられることがあります。

大手進学塾の多くは学校の授業よりも進んでいて、よりハイレベルでハイペースな授業内容になっているため、学校での内容を理解していて、より高いレベルの授業を求めている生徒にとっては良い内容となると思います。

反対にデメリットとして挙げられるのは、授業の時間の融通がきかないところや教師を選べないこと、一人一人のペースに合わせることができないところを注意したいですね。

家庭教師と塾 費用に関して

家庭教師 費用

家庭教師の場合

家庭教師の場合は教科に関係無く、1時間あたりの金額が設定されているところが多いです。ただし生徒が週に何回、何時間の授業をするかによっても大きく異なります。

一般的な相場は学年ごとにも異なりますが、1時間あたり1500円〜5000円ぐらいが平均になっています。

しかし教師のレベルや生徒の目標としている学校によっては、平均よりも高くなっていく傾向があるため、しっかりと確認する必要があると思います。

家庭教師の場合、週1回の2時間から始めるところが多く、月々で計算してみると12000円〜40000円が大方の相場になります。

塾の場合

塾では月々の金額が設定されているところが多く、1教科あたりの金額としては10000円〜15000円が相場になっています。

つまり科目数が増えるごとに月々の金額も増えていくことになるため、生徒にとって必要な科目をきちんと把握する必要があります。

平成28年度に文部科学省が発表した数字によると、年間の平均学習塾費用は公立が約20万円で私立が約14万円となっています。月額に換算すると公立が約1.7万円で私立が約1.2万円となっているので、通われる際にはそういった部分を見ておくと良いかもしれません。

家庭教師と塾 どんな生徒がおすすめ?

生徒 勉強

このように塾と家庭教師、それぞれにたくさんの特徴があります。

塾の中にも集団塾や個別指導塾といったように色々な種類の塾が出てきているのも事実です。今まで紹介したことを踏まえて、塾と家庭教師それぞれでどんな生徒が通うべきかを紹介していきます。

家庭教師におすすめな生徒

  • 学校の授業についていけていない生徒

学校の授業についていけていない生徒は基礎の学習能力がついていない可能性があります。

家庭教師は生徒と教師によるマンツーマンによる学習をすることができます。

そのため家庭教師は生徒のわからないところをいつでも気軽に相談することができ、生徒がわかるまで質問することができるので、基礎部分の補修をすることができます。

  • 集団の中だと集中することができない生徒

学習塾では多くの生徒と接することになります。そのため人間関係が生徒たちの妨げになってしまうことが多くあります。

中には友達に会うことが、塾に通う目的になってしまう生徒もいます。その面では家庭教師による一対一のサポートが、必要になると思います。

周りに他の生徒がいないため、生徒は周りの環境に左右されることなく学習に集中することができます。

  • 自分から学習する習慣がない生徒

普段から学習をする習慣がない生徒は家庭教師がおすすめです。基本的に学習の習慣がつけば、学校でも自宅での学習も継続的にすることができます。

家庭教師は自宅で一緒に勉強するため、勉強のない生徒でも自宅に家庭教師がくれば学習をせざるをえません。

毎週家庭教師と一緒に学習していくことで、生徒の学習に対する抵抗感が自然と消え、学習の習慣がつくことが期待できます。

  • 送り迎えが負担

学習塾通いの生徒は保護者に送り迎えをしてもらっている場合が多いそうです。

夫婦共働きの場合にはその送り迎えが負担になってしまうこともあるでしょう。しかし家庭教師は家に来てもらって学習をしていくため、保護者の負担が軽くなります。また、日程も調節することができます。

塾におすすめな生徒

  • 勉強の習慣がついている生徒

勉強の習慣がついているということは、学校の授業や課題に対してきちんと取り組む姿勢を示しているということです。

そういった生徒は出された宿題や課題をしっかりとこなし、予習を行えるタイプの生徒です。

  • 学力の基礎が身についてる生徒

学習塾では基本的に学校で行われている授業と同じレベルのものか、それ以上のレベルの内容が扱われます。そのため、普段の学校生活において、基礎学力が身についている生徒は学習塾での授業についていくことができると思います。

また、「さらに上のレベルの授業を受けたい」「学校の授業では物足りない」といった生徒向けに、より高レベルの授業を特別に実施している学習塾もあります。

  • 競争心を持っている生徒

学習塾は自分以外の生徒と一緒に学習をしていきます。また学習塾によっては生徒全員が参加する定期テストや模試などを開催しているところもあります。

同じ授業や定期テストを受けている他の生徒たちの姿も見ることになります。そういった姿に「負けたくない」という気持ちが出てくるかもしれません。

同じ空間に同じレベルの競争相手がいることは、生徒にとって大きな刺激となり、勉強に身が入ります。

  • 自分が何が苦手で、何を勉強すべきか考えられる生徒

自分自身が苦手なところや弱いところがわかっていれば、わからない部分をそのままにしようとせず理解します。よって、自発的に学習塾の教師に質問を行うことができます。

スマートレーダーでぴったりの家庭教師を見つけましょう

このように家庭教師や塾には、様々なメリット・デメリットがあり、現在のお子様の状況や目標進路に合わせて、選択することが重要になります。

お子様の人生に関わる学習サポートの環境を整えてあげましょう。

しかし、実際に見比べても迷ってしまうこともあると思います。

そこで「どうすればいいのかわからない」「受験のプロに直接相談したい」とお思いの方々に「スマートレーダー」についてご紹介させていただきたいと思います。


完全実力型家庭教師プラットフォーム「スマートレーダー」とは?

スマートレーダー 家庭教師

家庭教師は東大・東工大・一橋大生のみ

スマートレーダーは生徒一人一人にぴったりの家庭教師を見つけることができます。

そのため、登録されている教師は東大東工大一橋大の超難関大学と呼ばれる一流の大学の生徒のみに限定されているため、教師の品質が非常に高いです。

一般の家庭教師のように自宅で学習を進めることができるので、保護者の方も安心して任せることができます。普通の学生とは違い、難関大を合格してきた教師たちは本当の意味で生徒に寄り添い、合格までのサポートをすることができます。

教師たちは模試・定期テスト・本試験などの成績から、「適正時給」「レーダーチャート」を算出し、家庭教師を「見える化」することで適切な先生選びをサポートしています。

生徒一人一人にピッタリ合う家庭教師とのマンツーマン授業で塾では学べない、勉強の極意をぜひ体験してください。

安心で適切な料金体系

スマートレーダーでは入会金や手数料、その他の費用な一切かからないようになっています。必要な費用は教師ごとに設定された1時間あたりの授業料と、教師がご自宅に訪問する交通費だけです。

また授業料は教師の能力から適切に算出されているため、お互いに納得することができる料金設定となっていることが特徴です。

スマートレーダーにオススメな生徒

  • 難関校進学を目指している生徒

先ほども紹介したように、スマートレーダーに登録されている教師は東大・東工大・一橋大の超難関大生に限定されています。そのため教師は自分の合格体験談や経験に基づいた適切な指導を行うことができます。

難関校に進学を希望されている生徒は、そういった目指すべき「難関校への合格経験」を持ち合わせている教師に直接の指導をしてもらうことが可能です。

  • 自学自習の能力を身につけたい生徒

難関校と呼ばれる学校に合格するためには、家庭教師がいる時以外の自学自習の能力も非常に大切になります。

難関校への合格を経験している教師たちは、「勉強の仕方」「計画性」「やる気」などの能動的な部分のサポートを自身の経験に基づいて行うことができます。

勉強ができるようになった後の未来をより具体的に説明でき、やる気が高められるだけでなく、目標に向けて正しい努力ができた経験から、お子様の目標に合わせてただし計画や勉強法を指導することができるのです。


こちらから公式HPへ移動できます。