徹底比較!家庭教師vs塾

本記事では塾と家庭教師の比較を行っていきたいと思います。
ご家庭によっては塾と家庭教師についてホームページやチラシなどで検討・比較していらっしゃると思います。しかし実際はどんな特徴があるのか、またそれぞれの料金やメリット・デメリットについて気になる方もいると思います。

この記事ではそれぞれの特徴などを抑えながら比較しているので、検討材料の一つとしてご覧ください。

家庭教師と塾 それぞれのメリット・デメリット

メリットとデメリット 画像
メリットデメリット
合格実績をもとにした、独自のカリキュラムがある個人のペースに合わせることが難しい
家庭教師個人に寄り添った学習指導ができる家庭教師のスキルによって差が出る

塾の場合

中学受験や高校受験への合格実績を基にした、独自のテキストやカリキュラムがあることから勉強の流れがきちんとしていることが多いのです。また塾によっては評判の良い教師や有名教師の指導を受けられることがあります。

大手進学塾の多くは学校の授業よりも進んでいて、よりハイレベルでハイペースな授業内容になっているため、学校での内容を理解していて、より高いレベルの授業を求めている生徒にとっては良い内容となると思います。

反対にデメリットとして挙げられるのは、授業の時間の融通がきかないところや教師を選べないこと、一人一人のペースに合わせることが難しいところを注意したいですね。

家庭教師の場合

家庭教師の最大の特徴は、生徒に寄り添った指導ができることです。

一対一によるマンツーマンによって、生徒の理解度を確認しつつ学習を進めることができます。また塾と違い、同じ部屋に他の生徒がいないので、周りの目を気にする必要がありません。

そのため生徒は教師に質問しやすく、自分のペースでじっくりと学ぶことができるでしょう。生徒の通学時間もかからないため、勉強に集中することができ、保護者の目の届く範囲に置いておくことができます。

しかし、教師のレベルやスキルによって差がてしまう恐れがあるのも現実です。

「家庭教師を依頼したいけど、先生のスキルが不安」という方は

-名門大生限定家庭教師マッチング- スマートレーダーがおすすめ!

教師は東大・東工大・一橋大の現役生のみ!
スマートレーダー独自のアルゴリズムで、適正時給とレーダーチャートを算出し教師のスキルが見える、分かる!

家庭教師と塾 それぞれの費用相場

お金に困る生徒 画像
大手進学塾週3回3教科30,000~40,000円
個人塾週2回2教科15,000円~
大手家庭教師派遣センター週1回1教科30,000~40,000円
家庭教師(個人契約)週1回1教科10,000~30,000円

塾の場合

基本的には、教科数に応じて価格が変わってきます。

教科数が増えるごとに月々の金額も増えていくことになるため、生徒に必要な科目をきちんと把握する必要があります。

平成28年度に文部科学省が発表した数字によると、年間の平均学習塾費用は公立が約20万円で私立が約14万円となっています。月額に換算すると公立が約1.7万円で私立が約1.2万円となっているので、通われる際にはそういった部分を見ておくと良いかもしれません。

家庭教師の場合

家庭教師の料金システムは塾とは違い、1時間単位で料金が設定されているところが多いです。
ただし週に何回、何時間の授業をするかによって金額は変わってきます。

大手家庭教師派遣センターと個人契約の家庭教師では1ヶ月の料金が大きく変わってきます。

「個人契約だと不安」と思う方に

-名門大生限定家庭教師マッチング- スマートレーダーなら教師のスキルが一目瞭然!

教師は東大・東工大・一橋大の現役生のみ!
スマートレーダー独自のアルゴリズムで、適正時給とレーダーチャートを算出し教師のスキルが見える、分かる!

家庭教師と塾 どんな生徒・家庭がおすすめ?

勉強に悩む生徒 画像
・勉強の習慣がついている生徒
・学力の基礎が身についている生徒
・競争心がある生徒
家庭教師・学校の授業についていけない生徒
・集団の中だと集中できない生徒
・学習の管理ができない生徒

塾の場合

  • 学習の習慣がついている生徒

学校の授業や宿題にしっかりと取り組む習慣のある生徒は、塾での学習にも同じように取り組めるでしょう。特に塾は学校とは違い、志望校対策にも力を入れているので、より良い効果が期待できます。

  • 学力の基礎が身についている生徒

学習塾では学校で行われている授業と同じレベルのものか、それ以上のレベルのカリキュラムに沿って授業が行われます。そのため、基礎的な学力が身についている生徒は学習塾での授業にもついていけるでしょう。

  • 競争心がある生徒

他の生徒と同じ空間で学習することになる塾では、周りの生徒がどのくらいのレベルなのかが分かってしまいます。塾によっては定期テストを行う場所もあるので、より明確に周りの学力の情報が入ってくるでしょう。
そのような環境で、「負けたくない!」という気持ちが芽生えれば、それは生徒にとって良い刺激になるでしょう。

家庭教師の場合

  • 学校の授業についていけない生徒

学校の授業についていけなかったりと、基礎的な学力に不安がある生徒は勉強に対する意欲も欠けていってしまいます。
マンツーマンでの丁寧な指導で「できた!」という喜びを与えることができるので、そのような生徒には家庭教師がおすすめです。

  • 集団の中だと集中できない生徒

友達や年齢の近い他生徒と同じ空間にいると、どうしても集中力が切れてしまいがちです。塾という環境や集団では集中できないという生徒にも家庭教師をおすすめできます。

  • 学習の管理ができない生徒

勉強を教えるだけでなく、家庭教師には「学習管理」という大切な役目があります。勉強の計画・苦手科目の把握というような、学習面の管理をしてくれるという点は家庭教師の強みでもあります。
勉強時間に点数が比例しないという生徒や、保護者の管理だけでは難しいという方はおすすめです。

より高いレベルの学習を!」という方にも

-名門大生限定家庭教師マッチング- スマートレーダーはおすすめ!

教師は東大・東工大・一橋大の現役生のみ!
スマートレーダー独自のアルゴリズムで、適正時給とレーダーチャートを算出し教師のスキルが見える、分かる!

このように家庭教師や塾には、様々なメリット・デメリットがあります。闇雲に塾や家庭教師を選ぶのではなく、生徒にあった学習の環境を考慮した上で選択する事が学力向上には不可欠です。

他の注目記事