家庭教師バイトのやり方と教え方は?これであなたも人気の家庭教師に!

本記事について

大学生活をしていると少なからず、アルバイトなどをする機会があると思います。その候補のなかに家庭教師が入っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、家庭教師として働くことに不安を感じていたり、内容に疑問を持っていたりする人もいると思います。

本記事ではそういった不安や疑問を持っている人に向けての記事になります。この記事を読んで、家庭教師にチャレンジしてみてはいかがですか?

家庭教師の仕事内容

家庭教師と勉強 画像

家庭教師という仕事を知らない人はいないと思いますが、実際に利用したことがある人はそこまで多くないと思います。そうした人たちのために、ここでは簡単に家庭教師の仕事内容をご紹介します。

家庭教師というのは幼稚園生から高校生、浪人生などに個人授業を行うのがメインの仕事となります。個人授業といっても規模の大きいものではなく、依頼者の家に赴き、1時間から数時間単位で、個別で指導を行うようなイメージです。業者によって異なるのが、対応できる教科や学年といった部分ですが、主に中学生や高校生に指導を行うことが多いとされています。

学習を指導するだけじゃない!

他にも家庭教師の仕事として挙げられるのが、

  • 生徒の学習管理
  • 学習相談
  • 保護者との面談

です。

学習の指導だけではなく、生徒の学習状況を把握し保護者とも相談、報告することも必要になってきます。
「学力・成績をなんとか上げたい!」という強い思いから依頼される場合がほとんどなので、生徒の学習に関する全ての面をサポートすることになります。

家庭教師をする上での不安点

家庭教師の仕事内容を紹介しましたが、人によっては「私にできるのかな?」と不安を持った方もいることでしょう。
マンツーマンで指導を行うので、しっかりとした指導することができるか、生徒や保護者と上手く関われるかなどに不安を持つ方も多いようです。

以下では家庭教師をする上での不安点やわからないところなどを明確にし、それに対する解決策やコツをご紹介していきます。


生徒・保護者との接し方

保護者との面談 画像

家庭教師として、指導を経験したことがある人やない人でも、生徒や保護者の方との関わりに不安を持つ方は多いはず。

初めて顔をあわせるときや生徒と二人きりで話す時などに、意識しておきたいポイントを紹介します。

常に笑顔で

当たり前のことですが、笑顔は非常に大切です。

特に初めての顔合わせの時など、人の第一印象が決まる瞬間に笑顔でいることはとても重要です。
人は第一印象でその人に対する最初の評価を行うことになるので、生徒や保護者の前では常に笑顔でいることを心がけましょう。

自分が笑顔でいることで、相手の気持ちも楽になり、お互い接しやすい状況になることでしょう。

生徒と話すときは目線をあわせる

生徒は家庭教師に対して、少なからず警戒心を持っています。生徒にとっては年上の存在ですし、どんな人でどんな性格なのかもわからないからです。

そのような状況でコミュニケーションをとる場合、目線を合わせるという事が非常に効果的です。
特に小中学生のように自分よりも身長が低い生徒には安心感を与える効果があるとされているので、なるべく同じ目線の高さを保つことを心がけましょう。

もちろん、目を合わせる事が苦手な生徒もいるでしょうから、あくまでも自然に目線を合わせる事が大事になってきます。

コミュニケーションを積極的に

警戒心を持っている生徒と打ち解けるためには、教師側から生徒との壁を壊す必要があります。

ただ、「どんな声をかければいいの?」「話しかけ方がわからない!」という方もいるでしょう。
確かに初対面でいきなりコミュニケーションをとるのは難しいですし、生徒の性格もわかっていないので話題の振り方もわかりませんよね。

ですが、ちょっとした一言で少しずつ壁を壊すことができるんです!
今回は特に効果が高いとされる3つの言葉を紹介します。

「いつでも聞いてね」

このような「いつでも〜していいよ」という形の言葉は、相手側に主導権があるような感覚を持たせる効果が期待ができます。
家庭教師は、生徒からすれば“家まで来て勉強を教えに来た人”というイメージが強いので、どうしても「教えられる」という受け身な感覚になってしまいます。なので、その感覚を「支えてもらう」という風に変えることができれば、警戒心は薄まるでしょう。

「大丈夫!」

安心させる言葉の代表格とも言える「大丈夫」。問題を間違えたりしたときに使いたいのですが、「〜だから大丈夫だよ」のように簡単な理由をつけてあげることでより安心感を与えられるでしょう。
ただし乱用は禁物です。使いすぎると無責任だと思われかねないので、使いどころには気をつけましょう。

褒め言葉

褒め言葉はシンプルですが、生徒との壁を壊すのに非常に効果的です。
「いいね!」「やるじゃん!」「完璧だね!」というように褒め言葉はフランクであればあるほど生徒との距離を詰めることができます。
生徒も褒められることで自信につながるので、学習に対する意欲を向上させる効果も期待できます。

これら3つの言葉を意識するだけで、生徒の警戒心はかなり弱まり、生徒との距離も縮まるでしょう。

また、勉強面以外のコミュニケーションを取ることも重要になってきます。例えば、学校や部活・習い事のことを聞いたり、どんなことが好きなのかを聞くことで生徒の性格などを知ることができるでしょう。
ですが、1時間ほどの限られた時間しかないので、あまりそのような会話に時間を割きすぎないように気をつまけしょう。

保護者への対応は丁寧に

保護者への対応は常に気をつけるべきです。
気をつけるといっても、身構えるほどの必要はありませんが、お金を払って依頼してもらうわけですから、親切かつ丁寧に対応しないといけません。
モンスターペアレントと言われる保護者の方もいるそうですが、あなたの誠意や丁寧さが伝わればトラブルに巻き込まれることはないでしょう。

大切なのは、「何よりも子供のことが大切」という親の気持ちを尊重し、保護者が自分に何を求めているのかを把握することです。
最終的には成績・学力を上げることが目的ですが、保護者の家庭教師に対する評価基準が、それだけではないということを頭に入れておきましょう。


生徒への教え方

家庭教師に褒められる 画像

コミュニケーションは上手くとれても、指導方法に不安がある方も多いと思います。
依頼者に満足してもらえるような教え方のコツをいくつか紹介していきたいと思います。

自身の経験をもとに教える

教師の実体験に基づいた指導ができるという部分も、家庭教師の良いところです。
生徒は、模試や試験で点数が取れず、モチベーションが下がった時や学習計画を見直すときなどにたくさんの悩みを抱えることになります。

おそらく、教師自身も受験生時代に同じような経験しているでしょうから、「こんな工夫をしていた」「もっとこうすればよかった」などのアドバイスができれば、家庭教師を依頼して良かった と思ってもらえるでしょう。

何度も繰り返す

数学や物理といった計算関係の問題や、国語などの文章問題などは何度も繰り返し学習させることが大切です。

もし生徒が同じ部分で間違えていたり、苦手な問題があれば、徹底的に何度も繰り返し出題していくことをお勧めします。

ただし、ずっと同じ問題を解いていくのではなく、似たような問題や同じ系統の問題などを解いてもらうようにしましょう。
そうすることによって、その計算や文法だけでなく、より応用が利いた問題なども正解に導くことができるようになります。
学力を向上させるために、何度も繰り返し行いましょう。

説明させる

正解しているからといって、必ずしも理解しているとは限りません。たまたま正解することができた可能性もあります。

特に受験勉強において、細かいところまで理解しているかどうかは合格を左右する大きな問題です。
そのため、生徒はきちんと理解して解けるようになる必要があるのです。

生徒が理解しているかどうかを確認するためには、その問題について質問し、説明させることが効果的です。もしきちんと正しく理解していれば、説明することはそこまで難しくないでしょう。

しかし、理解が曖昧だったりわかっていなかった場合、説明することはできないと思います。またこの方法を取ることによって、生徒がどこまで理解しているのかを家庭教師自身が把握することができるので、積極的に聞いてみましょう。

小テストや復習を行う

受験勉強は長期戦です。
そのため、一度学習して理解した内容でも時間経過とともに忘れてしまうことがあるでしょう。そうしたことは受験において命取りになります。

長期的に記憶させるために最も良い方法は、小テストや復習などを定期的に行うことです。1週間ごとや1ヶ月ごとに復習を行ったり、単元ごとに小テストを行います。

普段の学習で間違えたところよりも、テスト形式で間違えた部分は強く頭に残ります。そこで間違えた部分をしっかりとケアすることができれば、記憶はより長期的なものになるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

家庭教師をした経験は、必ず社会に出た時に自分の力になると思います。学生としてだけではなく、家庭教師という立場で人に教えることで、人との接し方など、多くのことを学ぶことができます。自分の自信にもつながる経験をすることができるので、ぜひ挑戦してみてください。

もしそれでも不安な気持ちがある場合は、同じ家庭教師をやっている人の話を聞いたりすることも良いでしょう。

家庭教師としてではなくても、初めてのアルバイトを経験する方などは不安などがあると思います。ただ覚えておいて欲しいのは、完璧に仕事をこなすということは限りなく不可能だということです。

仕事をする上で慣れるまでは不安がつきものですし、たくさん仕事をこなしていかないと取れない気持ちもあると思います。そうした方はまず挑戦してみるのはいかがでしょうか?

スマートレーダーブログではスマートレーダーに登録している家庭教師の人たちの合格体験談やコラム記事など、受験に役立つ情報をたくさん発信しています。

もし不安な気持ちがあるとしても、たくさんの情報に触れることでそういった気持ちを少なくできます。まずはご覧になってください。

家庭教師アルバイトの特徴を紹介!仕事内容や必要なスキルは?

2019.01.29
家庭教師アルバイトの実態を様々な観点から紹介しています。家庭教師に必要なスキルや、実際に家庭教師をしている学生の口コミもあるので参考にしてください!

スマートレーダーで家庭教師をしてみませんか?

スマートレーダー 家庭教師

スマートレーダーは東大・東工大・一橋大といった超難関大学生のみが登録することができる、家庭教師マッチングサービスです。

スマートレーダー 仕組み 画像

またスマートレーダーには以下の特徴があります。

  • 独自のアルゴリズムによる初期報酬決定

家庭教師として登録してくださった方には、模試や定期テスト、受験などの結果を提出してもらっています。

そうした成績をもとに独自のアルゴリズムで「適正時給」と「レーダーチャート」を算出しています。

そうすることで先生一人ひとりの実力を適切に評価することができ、家庭教師と生徒のミスマッチを減らすことができます。

  • レビューによる昇給

一度決まった時給は1ヶ月に一度見直します。

授業を行った場合、依頼者からのレビューに基づき、あなたの教育力を算出し、学力を合わせて時給を見直します。

  • オンラインで完結する作業

スマートレーダーではややこしい作業などを行う必要はありません。自身の時給や授業の日程の確認など、全てをオンラインで行うことができます。

報酬も授業終了後、依頼者様からのレビューが終わり次第、出金申請が可能となります。申請後最短3営業日でお振込が完了になります。

もし問題が発生しても、スマートレーダー事務局がすぐに対応を行うので、いざという時でも安心していただけます。


こちらから公式HPへ移動できます。


この記事をシェアする!
他の注目記事