家庭教師 選ぶポイント

家庭教師 選ぶポイント

中学受験や高校受験など、早い時期からの受験も珍しくなくなってきた現代では、家庭教師という選択をする方も少なくないと思います。

しかし、ネットには情報が溢れていて、一体何を気をつけたらいいのかわからないという方もいることでしょう。

正しい家庭教師選びはお子様の将来に関わる非常に大切な問題です。

きちんとした知識をつけるためにも今回の記事を参考にしてみてはいかがですか?

本記事では生徒本人や保護者の方が最低限知っておくべき、家庭教師を選ぶポイントを丁寧にわかりやすく解説していきたいと思います。

家庭教師の特徴

マンツーマンによる直接指導

家庭教師の特徴は何と言っても、マンツーマンによる直接指導です。

教師が教える対象がお子様一人という状況になりますので、より寄り添う形で学習を進めていくことができると思います。

また生徒のペースや性格に合わせて指導を行うため、学校の授業についていけないなどの生徒でも、わからないところを直接何度でも質問することができます。そのため独学で勉強するよりも成績の上げることができるのです。

定期的に家庭教師と学習する習慣がつくため、最初は家庭教師が来ている時だけ勉強していたお子様も、自然に勉強するようになる場合も珍しくないのです。

家庭に合わせた対応が可能

学習塾に通っている生徒は、送り迎えを保護者にしてもらっている場合も少なくないみたいです。

ただそれだと夫婦共働きの場合、家庭に大きな負担がかかってしまう心配があると思います。

しかし家庭教師は基本的に自宅での指導を行うので、お子様が直接教室などに足を運ぶ必要はありません。

そのため家庭の負担を少しでも軽くすることができると思います。そういった勉強以外のところを考慮して考えると、家庭教師という選択は非常に良いとおもいます。

家庭教師を選ぶポイント

家庭教師 生徒
  • 実は色々とかかる費用面

家庭教師や塾といったものはお金がかかるというイメージがありますが、一体どれくらいかかるのかご存知ですが?

学年や生徒の状況にもよりますが、だいたい年間で20万円〜50万円くらいかかるんです。月々に換算するとだいたい1万5000円〜4万円になります。

この数字だけ聞くと、そんなに高くないように感じると思います。

しかし家庭教師や塾はこれ以外にも教師の管理費や各教科の教材費、夏休みや春休みなどの長期休みに実施される特別講座などによっては色々かかります。

こういった諸経費は会社によっては管理費がなかったり、各教科の教材費が安く抑えられるなどの違いがあるので、契約時にきちんと確認することをオススメします。

  • 子供との相性を考える

家庭教師を考える上で最も大切だと言われているのが、子供との相性です。

お子様も家庭教師も一人の人間です。

当然、人によっては合う合わないが出てくるのものです。そういった気持ちを保護者の方がきちんと汲み取ってあげる必要があります。

教師との相性があまり良くない場合、お子様の成績はもちろん、勉強へのモチベーションにも深刻な影響が出てしまう恐れがあるのです。

そうしたミスマッチは、教師の人柄や性格といった人間的要素も見ておく必要があると思います。これらのことはよく意識しておいてください。

  • 勉強だけを教えるだけにならないか

家庭教師というのは、いわばもう一人の先生です。

学校の先生や保護者とはまた違った立場でより生徒に近い存在になります。

しかしだからこそお子様と親密な関係が気付けるのです。

受験勉強を教えてもらうだけの存在だけではく、学校での生活面や学生ならではの悩みや問題を解決することができる存在なのです。

そうした子供とのコミュニケーションをしっかりと取ることができる家庭教師かどうかをしっかりと確認していきましょう。

  • 個人契約か?業者に頼むか?

個人契約と業者を通した契約の違いは、それぞれにメリットがあるため一概にどちらが良いという判断をすることはできません。

業者を通した契約では大手の家庭教師のように、多くの合格実績に基づいた、教師の教育システムや管理方法が取られているのです。そのため、生徒によっては塾よりも家庭教師の方が良い場合があります。

個人契約では保護者と教師、それぞれにメリットが存在します。

業者を通した契約では、基本的に業者に仲介マージンを取られています。そのため、保護者から支払われているお金の全てが教師に入っているわけではなく、業者にマージンを取られる分多くお金を支払う必要があるのです。

どちらもメリットがありますが、業者によっては管理作業だけを行なっていて、指導は教師に丸投げといった状況も場合によってはあります。

そういった会社に騙されないためにも、ネームバリューや広告だけで高い入会費や授業料を支払うのはやめた方が良いと思われます。

一度授業を体験してみたり、利用している人から直接聞くなどして、きちんと選んだ等が良いと思われます。

直接自分で選ぶことで、会社や個人教師について吟味することができます。

  • 家庭教師の学歴

家庭教師の学歴もきちんとみておく必要があります。

中学受験経験者の75%が超難関中高一貫校出身というデータもあるため、お子様も難関校と呼ばれる学校に通わせたい場合には、同じ境遇を経験した難関大学の学生が家庭教師であることに越したことはありません。

また勉強への取り組み方スケジュールの組み方といった勉強の本質的なサポートができるのは、勉強という分野で成功を経験した難関大学の学生であり、本当の意味での「勉強のプロ」なのです。そういった意味でも学歴は一つの判断材料になります。

ただし注意して欲しいのは、学歴があるからといって教師としての質が高いということにはならないことです。そういった場合には家庭教師として入ってもらう前に一度、受験期の体験談や経験をヒアリングすることも大切です。

  • きちんとした計画性を

家庭教師が行うのは、お子様を希望の学校へ合格させることです。そのためにはただ家庭教師を雇うのではなく、きちんとした計画性を持っておく必要があります。

家庭教師を雇う時期も重要です。

受験期直前などのギリギリではなく、前もって契約を考えておくことをおすすめします。人によっては家庭教師に生徒を丸投げしてしまう場合もありますが、お子様のためにも教師と保護者が手を取り合って受験に取り組んでいくことが重要です。

家庭教師を雇ってからはお子様がどれくらいのペースで進んでいるのか?また、これからも今のペースでいいのかなどは、随時確認しておくといいです。

そういった計画性を教師と保護者が共有しながらできるかどうかを見てみてください。

スマートレーダーでぴったりの家庭教師を見つけましょう

いかがでしたでしょうか?

このように家庭教師という選択ひとつとっても、様々なところに目を向けていく必要があります。

しかし、お子様の成績向上や受験合格のためには必要なことだと、意識しなければいけません。

環境を用意することができるのは、お子様ではなく保護者様自身です。

日々変化していっている受験に対応するために、正しい家庭教師を選んでいく必要がありますね。

スマートレーダーでは生徒一人一人にぴったりな家庭教師選びをサポートしています。

完全実力型家庭教師プラットフォーム「スマートレーダー」とは?

スマートレーダー 家庭教師

スマートレーダーでは先生の模試・定期テスト・本試験などの成績から、「適正時給」「レーダーチャート」を算出し、家庭教師を「見える化」することで適切な先生選びをサポートしています。

生徒一人一人にピッタリ合う家庭教師とのマンツーマン授業で塾では学べない、勉強の極意をぜひ体験してください。


こちらから公式HPへ移動できます。